ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年01月23日 06時00分
ドランクドラゴン・鈴木拓 
ドランクドラゴン・塚地武雅 
(左から)工藤里紗、ドランクドラゴン・塚地武雅、鈴木拓、川村ゆきえ 

“月収6割減”のドランク鈴木、死亡説まで流されていた

■その他の写真はこちら

 お笑いコンビ・ドランクドラゴン塚地武雅鈴木拓が22日(木)、都内で行われた連続ドラマ『超人ウタダ』(WOWOW)の試写会イベントに参加した。イベント前に報道陣の取材に応じた2人は、鈴木がブログで綴っている嘆き節のここ最近の拍車のかかり具合に言及。塚地の骨折中、孤軍奮闘した鈴木のギャラが通常の4割未満だったり、関係者への音沙汰がなく死亡説まで流れていたことにガックリ肩を落とした。

 実の母親から整形を勧められたり、全治2〜3ヶ月の骨折で入院していた塚地に代わりピンの仕事に励んだものの、普段のギャラの“4割”にも満たなかったと告白するなど、鈴木のブログは“悲愴感”たっぷり。塚地も「お前のブログなんなん!」とあきれ顔で、ギャラ情報がニュースに取り上げられたことに「人の懐事情がすげー書かれてて恥ずかしくなりました」と意気消沈。

 さらに「1人で頑張ってくれてんだなーと思ってたら、怪我してる僕と同じくらい(メディアに)出てませんでした」と心配する相方をよそに、当の鈴木は「僕の方が大怪我状態。僕が出るとテレビの方が怪我しちゃうみたいです」と逆切れした。

 また同日付のブログでは、自分の“死亡説”が流されたと綴っており、犯人はアンガールズ田中卓志だと改めて紹介。死亡説が流されたことによって「みんなの夢を壊しちゃうと思って表立って外に出れなくなった」と鈴木なりのファンサービス精神を見せ、死亡説流布の犯人候補に挙げられていた塚地は苦笑せざるを得ない様子だった。

 塚地が連ドラ初主演を務める同作は、週刊ビッグコミックスピリッツで連載されていた同名漫画が原作のスピリチュアルサスペンス。各話さまざまなゲストが出演し、鈴木も第5・8話に登場する。突如“余命3年”を宣告される刑事・歌田マモルを演じる塚地は「怪我をする前の収録だったのでしっかり動いております。アクションシーンもある」とPRした。

 トークショーにはほかに女優の工藤里紗川村ゆきえが出席。ドラマ『超人ウタダ』は30日(金)より深夜0:00〜0:30放送。(全8回・初回は拡大版45分)

ニュース編集部発 現場記者が独断で選ぶ! 芸能トピックス2008
特集『今年ブレイクした芸人は? 2008年のお笑い界を徹底解明』


 ドランクドラゴン

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。