ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2008年06月02日 12時00分
殺人鬼役を演じる玉木宏(C)2009「MW」製作委員会 
物語のカギを握る神父を演じる山田孝之 

『MW―ムウ―』実写映画化!玉木宏が悪役に初挑戦

■その他の写真はこちら

 漫画界の神ともいわれる故・手塚治虫が究極のダークヒーローを描いた衝撃作『MW―ムウ―』が実写映画化されることがわかった。主演を務めるのは、悪役への初挑戦となる玉木宏。世界を恐怖のどん底に陥れる殺人鬼という役柄について、「今まできちんと“殺し”のシーンをやったことがなかったので、そういう意味ではとても面白いです」。松橋真三プロデューサーは「Sっぽい雰囲気やワイルドさには悪役の素質がある」と起用の理由を語る。

 数多の夢や希望を描く作品を世に生み出した手塚が、悪を体現する殺人鬼を通して現代社会の病理を浮き彫りにする原作漫画『MW―ムウ―』。地球規模の壮大なスケールで描く本格エンターテインメント超大作というその実写化作品には、玉木のほか、山田孝之、石田ゆり子、石橋凌の出演が決定。

 玉木は今回の殺人鬼役への起用に「手塚作品ならではの悪役で、すごく残酷でありながら全て計算されていて冷静です。殺し方も惨殺といってもとてもシャープで淡々と動じない。そんな悪を楽しんでやりたいです」と意気込みを語る。一方、悪と正義の間で苦悩する、物語のカギを握る神父を演じる山田は「善というよりも偽善なんだと感じています。悪事を口ではやめろと言いながら、引きずられて協力している」と役柄について説明する。

 玉木と山田は、これまで同一作品への出演はあるが、本格的な共演はほぼ初めて。玉木は山田の印象を「(山田さんは)言葉数は少ないなかでも思っていることをきちんと相手に伝える人です」とコメント。山田はお互いの役柄について「100の力で挑んでも結城(玉木の役)には1の力で流されてしまいます。やりきれないです。玉木さんいいな〜って思いますよ。俺必死なのに、いいな〜って。でも全力でやって、観る人に伝わればいいなと思います」と語る。

 松橋プロデューサーは、玉木の殺人鬼での起用の理由を「彼の持っているSっぽい雰囲気やワイルドさには悪役の素質があるなとも思っていました。撮影でカメラを通してみて本当に玉木さんは結城にぴったりです」とコメント。また、3年前に玉木が「いろいろな役柄に挑戦したい」と語っていたときに『MW―ムウ―』の話をしたことを明かした。

 『MW―ムウ―』はこれまでにも映画化の企画があったが、原作の過激さやタイミングの問題などで見送られてきた。そうしたなか、手塚治虫生誕80周年を期についに実現することになった。すでに4月20日にクランクインし関東近郊で撮影が行われた。6月からはタイでのロケに入る予定で、クライマックスのアクションシーンなどの撮影が行われる。公開は2009年の予定。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。