ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年10月23日 15時00分
舞台デビューを飾る戸田恵梨香 
いのうえひでのり(演出)・戸田恵梨香 

V6・森田、イノッチの幸せは「うらやましい」

■その他の写真はこちら

 劇団☆新感線の最新作『新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』』の制作発表が10月23日(火)に都内ホテルで行われ、主演のV6森田剛と、共演の戸田恵梨香が出席。幕末に“人斬り以蔵”として時代を震撼させた土佐の足軽・岡田以蔵を描いた作品で、以蔵役の森田は「3年振り2回目(05年に『荒神〜arajin〜』に出演)の新感線さんとのお仕事になりますが、このお話をいただいた時は嬉しかったですし、気合入ってます。以蔵は人斬りですが、一人の人間として色々な面が描かれていますので、ただの冷酷な暗殺者としてだけでなく、その繊細な部分も両方を演じきりたい」と意気込みを語った。

 そんな以蔵を慕う相手役・ミツを演じるのが今回が舞台初挑戦となる戸田恵梨香。「舞台はいつか絶対やってみたいと思っていました。新感線さんの舞台のファンでしたので、お話をいただいた時はビックリ驚いて、でも嬉しかったです。もちろん不安もいっぱいですが、自分なりに楽しみながら、とことんぶつかっていきたいです」とコメント。

 役との共通点について、森田は「いのうえ(ひでのり・演出)さんが僕の目を見て、以蔵は森田でいこうって思ってくれていたという話を聞いて、それは嬉しかったです」、戸田は「思っていることを素直に口に出して言えないところは似ていると思います」と答えた。

 そんなふたりの起用理由について、いのうえは「前回『荒神〜arajin〜』というエンタテインメント性の強い作品で森田君とやったときに、今度はもっときちんとしたシリアスなお芝居をさせたいと思ったのと、役者としてきちんと向き合いたかった。その時、彼が持ついい意味での不良性のある色気を感じ、その時に“岡田以蔵”が浮かんできて、彼にぴったりだと思った。ミツは60年の時代劇のにおいがする女優で、でも同時に初々しさを持ち合わせている人がいいなと思い、戸田さんにオファーさせていただきました」と説明。

 最後に、同じV6のメンバーで先ごろ結婚を発表した井ノ原快彦について聞かれた森田は「会うとすごく幸せそうな顔をしているので、うまくいってるんじゃないかと」と語り、「うらやましいです」と締めくくった。

 “いのうえ歌舞伎”は、高いドラマ性にアクションと歌舞伎を合体させた時代活劇で『吉原御免状』(主演:堤真一)や『朧の森に棲む鬼』(主演:市川染吾郎)などの大ヒット作を作り上げ、演劇界に新風を送り込んできた劇団☆新感線の人気シリーズ。来年1月10日(木)より2月3日(日)まで東京・青山劇場にて、2月10日(日)より19日(火)まで大阪・シアターBRAVA!にて公演。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
V6の着信メロディはこちら

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。