ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年07月23日 11時00分
皆藤愛子[07年11月撮影] 

好きなお天気お姉さん1位は、皆藤愛子

■ランキング表はこちら

 気分を左右するひとつの要因でもある「天気」。そんな天気を伝えてくれるのが気象予報士やお天気キャスター。「なんか見ちゃうんだよなぁ」「かわいいからねー」と、ついいつものチャンネルの天気予報を見てしまう人も少なくないだろう。そこでオリコンでは「好きなお天気キャスター、気象予報士」をリサーチした。

 「好きなお天気キャスター、気象予報士」ランキング総合1位は、またも【石原良純(フジテレビ)】で、これで3連覇を達成した。また、“お天気お姉さん”として女性1位は、総合2位の【皆藤愛子(フジテレビ)】が飾った。

 石原には 「分かりやすく天気や季節のことを説明してくれていい!」(埼玉県/20代社会人/女性)、「その人柄で、コメントに親しみやすさを覚える」(石川県/30代/男性)など、分かりやすさと、親しみの良さで、好印象を持たれているのが分かる。また、「空が本当に大好きなんだな〜と思う」(栃木県/20代社会人/女性)、「天気予報番組じゃなくても、天気について何かあるとすんごく熱く語る。本当に好きなんだなぁと思う」(神奈川県/中・高校生/女性)など、天気にかけるその熱い情熱も評価のポイントとなっているようだ。

 そして女性1位となった総合2位の【皆藤愛子(フジテレビ)】は、『めざましテレビ』の“朝の顔”として知られる人気もの。「朝、元気にかわいく天気予報を伝えていて、とても感じがいい」(神奈川県/専門・大学生/女性)、「雨でも陰鬱な気分にならない。ほんわかする」(東京都/専門・大学生/女性)など、癒し系のキャラクターで人気。ただ、当然「毎日天気予報の可愛いイラストを書いていてマメなところも好きです」(埼玉県/専門・大学生/女性)といった、天気予報を伝えるスキルがしっかりしていることも評価されている。単に「かわいい」、「癒される」だけで選ばれていないところが「お天気キャスター、気象予報士人気ランキング」の面白いところかもしれない。

 総合3位は、「天気予報を身近なものにした第一人者。とにかく分かりやすいし親切。人柄が親しみ易い」(神奈川県/40代/男性)など、ご存知「気象予報士の代名詞」(千葉県/中・高校生/男性)的存在の【森田正光(TBS)】がランクイン。「豊富な知識」(沖縄県/専門・大学生/女性)に裏付けされた天気予報は信頼が厚い。

 天気予報は毎日見るものだから、お天気キャスター、気象予報士は、天気に関する豊富な知識や分かりやすさはもちろんのこと、親しみやすさも重要なポイントなようだ。たまにはいつもと違うお天気キャスター、気象予報士の天気予報を見て、気分を変えて出掛けてみる!?

(阿部、リナコ、アサヒ、ほうしやまだ☆)

(2007年5月24日〜5月28日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、中・高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、合計1,000人にインターネット調査したもの)

※カッコ内は天気予報を担当している主な番組の局を記しました



「皆藤愛子のインタビューと、所属事務所のオーディションが月刊デ・ビュー9月号(8月1日発売)に掲載」
http://www.deview.co.jp/

               

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。