ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年02月15日 05時00分
新人賞最年少記録を更新した芦田愛菜(左)にエールを送った“最年長”新藤兼人監督 (C)ORICON DD inc.
受賞の喜びを語った芦田 (C)ORICON DD inc.
(前列左から)伊勢谷友介、長澤まさみ、竹野内豊、永作博美、新藤兼人監督、芦田、(後列左から)司会を務めた寺島しのぶ、園子温監督、故・原田芳雄さんの長女・原田麻由、20世紀FOX日本代表のジェシー・リー氏、司会を務めた妻夫木聡 (C)ORICON DD inc.

【第54回ブルーリボン賞】“最年少”芦田愛菜へ“最年長”新藤兼人監督がエール

 在京スポーツ7紙で構成される東京映画記者会が選ぶ『第54回ブルーリボン賞』の授賞式が14日、東京・内幸町のイイノホールで行われ、子役の芦田愛菜(7)が新人賞最年少記録、新藤兼人監督(99)が監督賞最年長記録を大幅に更新した。92歳差の二人が並び、芦田は新藤作品に「ぜひ出演させていただきたいです」とニッコリ。新藤監督は「あと2年もすると彼女の熱演にびっくりすることでしょう。これから頑張って、98歳(作品撮影時)の監督を蹴っ飛ばしてください」と、監督流のエールを送った。

 1950年に設立された同賞は毎年、前年の主演男優賞と女優賞の受賞者二人が司会を務めることが慣例になっており、今年は『悪人』の妻夫木聡、『キャタピラー』の寺島しのぶが進行した。

 作品賞は『冷たい熱帯魚』(園子温監督)、外国作品は『ブラックスワン』が選出。監督賞に新藤兼人監督(『一枚のハガキ』)、主演男優賞に竹野内豊(『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』)、主演女優賞に永作博美(『八日目の蝉』)、助演男優賞に伊勢谷友介(『あしたのジョー』『カイジ2 〜人生奪回ゲーム〜』)、助演女優賞に長澤まさみ(『モテキ』)、新人賞に芦田愛菜(『うさぎドロップ』『阪急電車 片道15分の奇跡』)、特別賞に俳優の故・原田芳雄さんが選ばれた。

 1984年に『時をかける少女』で新人賞を受賞した女優・原田知世(当時16歳)の最年少記録を大幅に更新した芦田は、この日も小学校帰りで出席するなど相変わらずの多忙ぶり。「こんなに素敵な賞を頂いて光栄です。これからもたくさんお芝居を勉強して素敵な女優さんになりたいです」とあいさつした。今後演じたい役は「ヘレンケラー」という芦田に、寺島は「大竹しのぶさんがサリバン先生で私がヘレンケラーをやったことがある。愛菜ちゃんにバトンタッチしたいな」とメロメロだった。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。