ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年01月18日 12時24分
(左から)芥川賞選考委員・黒井千次氏、直木賞選考委員・浅田次郎氏 (C)ORICON DD.inc
<芥川賞>円城塔氏 (C)講談社
<芥川賞>田中慎弥氏

『芥川賞』対照的な2作品に光 『直木賞』完成度の高さに選考委員も感服

 東京・築地の「新喜楽」で17日に発表された『第146回 芥川賞・直木賞』(日本文学振興会主催)の受賞作は、芥川賞が円城塔氏の『道化師の蝶』と田中慎弥氏の『共喰い』の2作品、直木賞は5度目のノミネートとなった葉室麟氏の時代小説『蜩ノ記』に決定した。2作同時受賞となった芥川賞作品について選考委員の黒井千次氏は「現代的で知的な作品と、いささか古めかしい作品」と両極性を語り、“現代的”とした円城氏の『道化〜』の選考過程を「その新しさの面白さという点に注目が集まって、評価された」と伝えた。

 先に発表された直木賞について、選考委員を代表し会見に登場した浅田次郎氏は過去の4回のノミネート作品と受賞作を比べ「これまでにない完成度の作品」と称賛。「今までの選考では私が、葉室さんの作品をけなしてきた急先鋒でしたが、今回は誠実に勉強されて書き改めたものを出され、頭の下がる作品でした」と続け、“5度目の正直”となった葉室氏を「“小説家かくありき”というお手本のような作品」と大絶賛した。

 続く芥川賞選考委員の会見には、今回で同選考委員を勇退する黒井氏が代表で登場。先に過半数を満たした田中氏の受賞が決定したことを明かし、閉そく感漂う地域社会を通じて性と暴力を綴った田中氏の作品については「文章の密度が大変に高く、描かれる世界が人物も含めてきっちりと描き出されている。これだけの力量のある新人はめったにいない」と評価した。

 一方、4度の投票の後に受賞が決まった円城氏の作品については「読んでいて楽しい、面白い、ハラハラするという小説ではありません。一種のフィクション論ではないか」と自身の見解を発表。過去の受賞作にはない作風が評価の分かれ目だったと明かし、「今までの作品と違うのではないかというところの面白さ、 その新しさの面白さという点に注目が集まって評価された」と受賞の経緯を語った。

 また、黒井氏への質疑応答が続く中、取材陣から芥川賞の選考委員を務めた石原慎太郎東京都知事が、先日の定例会見で「自分の人生を反映したようなリアリティーがない」と辛口批判を述べたことについて質問が出たが、選考の場で石原氏自身がその話題に触れる事はなかったという。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。