ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年10月10日 10時00分
「女性部門」1位に選ばれた、フィギュアスケートの浅田真央選手 (C)ORICON DD inc.
「男性部門」3位に選ばれた、サッカー日本代表キャプテンの長谷部誠選手 (C)ORICON DD inc.
「女性部門」2位に選ばれた、なでしこジャパン・澤穂希選手(右)と6位の川澄奈穂美選手 (C)ORICON DD inc.

『第5回好きなスポーツ選手』イチロー&真央が3連覇 〜サッカー人気が如実に

■ランキング表はこちら

 本日10月10日の“体育の日”にちなみ、ORICON STYLEでは今回で5度目の調査となる『2011年 好きな男性・女性スポーツ選手ランキング』を発表。各首位には、米シアトル・マリナーズの【イチロー】、フィギュアスケートの【浅田真央】が選ばれ揃って3連覇を達成した。【イチロー】は今季、惜しくもメジャー11年連続200本安打を逃したが、最後までストイックにフィールドに向かった勇姿は観衆をより惹きつけたようで「これまでの経歴はもちろんですが、年齢を感じさせず常に前を向こうという姿勢は本当にスゴイ!」(愛知県/40代/女性)と、男女・世代別のすべてでNo.1を独占。彼の人生観を含めて新旧ファンをうならせ、その人気の根強さを改めて証明する結果となった。

■揺るがない“サムライ”イチローの人気の理由は

 メジャーという大舞台で、長きに渡り第一線を走り続ける【イチロー】の人気はそう簡単には揺るがない。昨年樹立した10年連続200本安打、日米通算3500本安打という新記録が物語る天性の野球センス。また、日本男子らしい物怖じしない言動やストイックな生き方など、抜群のカリスマ性で「あらゆる面で唯一無二のスポーツ選手」(神奈川県/40代/男性)と圧倒的な支持を得ている。これまでの実績はもちろんだが、いち人間としての魅力こそが彼の人気を不動のものにしていると言えそうだ。記録にも記憶にも残るイチローには、早くも来季への期待の声が数多く寄せられている。

 「女性部門」1位は、フィギュア界を牽引する日本のエース【浅田真央】。力強くも華麗に氷上を舞う類まれな演技力は言うまでもなく「あの若さで完璧な演技をストイックに追及し続ける姿勢は、ただただ尊敬のひと言です」(愛知県/40代/女性)というように、凛とした心の強さが彼女の人気を後押ししている。また、彼女の魅力を語るうえで欠かせないものと言えば、テレビCMや試合の合間に覗かせるキュートな笑顔。前季は、スランプも囁かれたが「明るくて自分を持っている真央ちゃんなら大丈夫! ぜひソチ五輪で金を目指して頑張ってほしいです」(大阪府/20代/女性)と熱いエールが送られている。なお、同じくフィギュアの世界女王【安藤美姫】も3位と高順位につけた。

■男女合わせて7名がTOP10入り、サッカー人気が如実に

 今回の調査で人気が如実に現れたスポーツは昨今、日本人選手たちのワールドワイドな活躍が話題をさらってきた“サッカー”だ。「男性部門」には、昨年7位から大きく順位を上げた日本代表キャプテンの【長谷部誠】(3位)を筆頭に“サムライブルー”が上位を席巻。ザッケローニ監督からの信頼も厚い【内田篤人】(4位)や、史上初4度目のアジア王者となった『AFCアジアカップカタール2011』で準々決勝2ゴールを決めた【香川真司】(5位)、俊足を活かし決勝ゴールをアシストした【長友佑都】(7位)、同大会MVPの【本田圭佑】(9位)と、国内外から高く評価される5人の名前が挙がっている。

 一方「女性部門」には、今夏開催された『FIFA女子ワールドカップドイツ 2011』での初優勝に大きく貢献し、得点王とMVPの2冠を手に入れた【澤穂希】が2位。同大会の準決勝・スウェーデン戦で2ゴールを決め、チームに勢いをつけた【川澄奈穂美】が6位と、なでしこジャパンの2人が揃って初ランクイン。サッカー界だけで、男女合わせて7選手がTOP10入りを果たしている。試合での好プレーほか、男女ともにイレブンのチームワークの良さや個々の人柄などさまざまな面で支持を集めていることから、サッカー人気は今後もさらに熱さを増していくことになりそうだ。

 そのほか「男性部門」には、最年少記録を次々と塗り替えていく確かな実力はもちろん、爽やかな笑顔も好印象を与えているゴルフの【石川遼】(2位)や、世界をも魅了するステップで男子フィギュア界を牽引する【高橋大輔】(6位)。「女性部門」には、08年に現役復帰を果たし40歳を超えてなお、“若手に刺激”を与え続けているテニスの【クルム伊達公子】(4位)、「日本短距離の期待の星」(静岡県/20代/女性)と『世界陸上韓国テグ』での勇姿も記憶に新しい陸上競技の【福島千里】(7位)など、世界を股にかけて活躍する選手たちの名前が挙がっている。

 来年は、4年に一度のスポーツの祭典・ロンドン五輪が開催になり、スポーツ界はこれからさらに盛り上がりを見せていくこと必死。今回上位にランクインした面々はもちろん、さまざまな競技で闘志を燃やしている選手たち、そして新星の活躍にも期待していきたいところだ。

【調査概要】
調査時期:2011年9月22日(木)〜9月27日(火)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員)10代〜40代の男女 各500名
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査


◆過去の『好きなスポーツ選手ランキング』結果
 2007年2008年2009年2010年


男性部門


順位 名前(スポーツ名) 昨年
順位
イチロー(野球)
(1位)
石川遼(ゴルフ)
(2位)
長谷部誠(サッカー)
(7位)
内田篤人(サッカー)
(圏外)
香川真司(サッカー)
(10位)
高橋大輔(フィギュア)
(3位)
長友佑都(サッカー)
(圏外)
ダルビッシュ有(野球)
(6位)
本田圭佑(サッカー)
(4位)
松井秀喜(野球)
(5位)

女性部門


順位 名前(スポーツ名) 昨年
順位
浅田真央(フィギュア)
(1位)
澤穂希(サッカー)
(圏外)
安藤美姫(フィギュア)
(5位)
クルム伊達公子(テニス)
(3位)
宮里藍(ゴルフ)
(2位)
川澄奈穂美(サッカー)
(圏外)
福島千里(陸上)
(圏外)
吉田沙保里(レスリング)
(9位)
浅尾美和(ビーチバレー)
(4位)
木村沙織(バレーボール)
(8位)


■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。