ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年07月26日 12時12分
SKE48の松井珠理奈(写真右)と矢神久美がそろって映画初出演 (c)WAYA! LLP

SKE48・松井珠理奈と矢神久美が映画初出演 名古屋先行公開決定

 名古屋市栄を中心に活動するSKE48松井珠理奈矢神久美が、同市西区に実在する円頓寺(えんどうじ)商店街を舞台にした映画『WAYA!〜宇宙一のおせっかい大作戦〜』(古波津陽監督)で映画初出演することがわかった。10月に名古屋地区で先行公開した後、東京ほか全国で上映される。

 駅と名古屋城を結ぶ、円頓寺商店街。往時の名残りを漂わせながらも、今ではシャッターが下りたままの店もちらほらしている。同作は、そんな街の未来を想う地元有志たちが商店街を盛り上げようと立ち上がり、製作されたご当地ムービー。スピードワゴン・井戸田潤が、商店街を愛する青年団員・勘太郎役で主演する。

 物語は、なにかと商店街のみんなの世話を焼いてくれるシゲさん(矢崎滋)が下駄屋を継いで30年と聞き、青年団の勘太郎(井戸田)が、記念にみんなで恩返ししようと芝居を企画することから始まる。本当の目的は昔シゲさんがケンカ別れした親友(ルー大柴)と仲直りさせること。それも本番の舞台上でいきなり2人を再会させようというガチの計画だった。そんなときシゲさんの娘、冴子(水野美紀)が息子を連れて戻って来た。冴子は勘太郎の幼なじみであり、ずっと片思いだった人。勘太郎のテンションはますます上がるが、商店街にはノリノリのメンツもいれば馴染めない人もいて…。芝居は、仲直り作戦は、成功するのだろうか?

 矢神が演じるもみじは、まさにおせっかいな商店街の連中がウザいと思っている若者の一人。映画初出演が決まり、喜んだのも束の間。撮影が始まると、「当たり前ですけど、メンバーもいなくてさみしかった」と現場に行くのが憂鬱な日もあったという。「映画は初めてでしたし、ホルンを演奏するシーンもあって、毎日大変で…。でも、共演のみなさんがとても優しくしてくださって、本当に家族みたいでした。オールアップの日は現場を離れるのが悲しくなっちゃいました。苦しいことも、楽しいことも、たくさんあった分、思い出いっぱいの作品になりました」と振り返った。

 商店街の芝居の演出を任されたホームで暮らす伊丹老人の遺言を受け取る少女役で出演する松井は、「初めての映画撮影現場で緊張もしましたが、小さい子供たちとのシーンが多かったので、子役のみんなと、わいわい楽しく過ごせました」。子役とはいえ、実際の年齢は松井と2、3歳しか違わず、「私、老け顔?(笑)。矢神久美ちゃんよりお姉さんの役というのも、ちょっと不思議な気持ちでした」と話していた。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。