浅草キッド、NHK総合初のレギュラー司会に自虐コメント「僕らが出てるのが奇跡」

浅草キッド(左から玉ちゃん、水道橋博士) (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

浅草キッド(左から玉ちゃん、水道橋博士) (C)ORICON DD inc. 

 お笑いコンビ・浅草キッドが4日、都内で行われた新エンターテインメント番組『総合診療医ドクターG』(NHK総合)の会見に登場した。総合診療医が病名を探り当てるまでの謎解きにスポットを当てた同番組。同局の地上波番組で初のレギュラー司会を務める水道橋博士は「『JIN-仁』を観るより、こっち観た方が感動すると思う」とアピール。玉ちゃんも「NHKに僕らが出てること自体、奇跡」と自虐気味に語りつつ、「赤ひげ先生って、まだいたんだと思った」と興奮交じりに番組の魅力を語った。

 実際にあった症例を再現ビデオで出題し、若き研修医たちがカンファレンス形式で名探偵のように鑑別診断を行っていく新感覚番組。水道橋博士は「誤診に繋がらない入り口があることを浸透させる画期的な番組」と太鼓判を押し「推理小説を読む喜びや楽しみがある」と勧めていた。

 全国から選りすぐられた研修医たちがガチンコで病名を探る『総合診療医ドクターG』は、7月28日(木)午後10時よりスタート。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について