石原良純MCの『トリハダ』、3月よりゴールデン枠レギュラーに昇格

新バラエティ番組『トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン』でMCを務める(左から)石原良純、加藤真輝子アナウンサー  [拡大する]

新バラエティ番組『トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン』でMCを務める(左から)石原良純、加藤真輝子アナウンサー 

 気象予報士でタレントの石原良純がMCを務め、不定期に特番で放送されてきたバラエティ番組『トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン』(テレビ朝日系)のゴールデン枠レギュラー昇格が決まった。3月15日(火)午後7時より異例の2週連続3時間スペシャルでスタートする。石原は「1年の時を経てレギュラー番組となりました。テイストは衝撃映像の番組だけど温かいものも残る、この番組ならではの色を観てもらえると思います」と喜んだ。

 番組は世界中から集め厳選した“トリハダ”が立つ映像を奇跡、恐怖、感動、爆笑などのジャンル別にランキング化。「人知を超えたミステリー」、「野生動物の知られざる生態」、「まさかのカミワザ」、「大怪我や難病からの奇跡の復活を遂げた密着ドキュメント」などさまざまなジャンルの家族で楽しめる衝撃映像を次々と紹介するほか、実際にあったドラマチックなエピソードをもとにした長編再現VTRコーナーも交えてテンポよく展開する。

 進行を務める同局の加藤真輝子アナウンサーは「1つの番組で喜怒哀楽を楽しめるのが売り。ゲストの方もたくさん来てくれて、九死に一生などの話も聞けるのが楽しみです」とアピール。石原自身は最近、東京マラソンのトレーニング中に「駒沢通りでゴロンと転んでしまって、大人も転ぶんだなぁって。トリハダってより“スリムキ”ですね。足が上がらずにアスファルトに当たりました」とトリハダエピソードを明かしていた。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について