『R-1ぐらんぷり2011』 佐久間一行が悲願の初優勝! 「諦めないでよかった・・・」

『R-1ぐらんぷり2011』王者に輝いた佐久間一行 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

『R-1ぐらんぷり2011』王者に輝いた佐久間一行 (C)ORICON DD inc. 

 一人話芸日本一を決める『R-1ぐらんぷり2011』決勝戦が11日、東京・台場のフジテレビで行われ、ピン芸人歴15年のお笑い芸人・佐久間一行が悲願の初優勝を果たした。8名参加のトーナメント最終戦でAMEMIYAを振り切り頂点に登りつめた佐久間は、声を詰まらせながら「信じられないです、ホントに。諦めないでやってきてよかったです・・・」と語り、優勝賞金500万円とトロフィーを手中に収めた。

 9回目の開催となる今大会には過去最多の3572人がエントリー。史上初の試みとなったトーナメント形式での決勝戦にコマを進めたのは、佐久間、AMEMIYAとキャプテン渡辺COWCOW山田與志バッファロー吾郎木村明浩ナオユキスリムクラブ真栄田賢ヒューマン中村の8名。

 決勝戦の模様は、お笑いコンビ・雨上がり決死隊、フジテレビ・加藤綾子アナウンサーが司会を務め、同日午後7時より関西テレビ・フジテレビ系で生放送された。

【決勝戦(トーナメント形式)の結果】

<1回戦>
第1試合 ●キャプテン渡辺 10−11 COWCOW・山田與志○
第2試合 ○AMEMIYA 11−10 バッファロー吾郎・木村明浩●
第3試合 ●ナオユキ 8−13 スリムクラブ・真栄田賢○
第4試合 ○佐久間一行 12−9 ヒューマン中村●

<準決勝>
第1試合 ●COWCOW・山田與志 6−15 AMEMIYA○
第2試合 ●スリムクラブ・真栄田賢 6−15 佐久間一行○

<決勝>
※●AMEMIYA 1−6 佐久間一行○

※審査員は桂三枝、ラサール石井、大平サブロー、清水ミチコ、勝俣州和、板尾創路、秋元康。1回戦と準決勝はそれぞれ持ち点3、決勝は持ち点1で採点。

⇒ 『R-1ぐらんぷり2011』ファイナリストのインタビューはこちら写真一覧

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について