早乙女太一、事務所移籍後心機一転 「充実してます」

早乙女太一 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

早乙女太一 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 大衆演劇界の人気女形・早乙女太一が2日、東京国際フォーラムで劇団朱雀特別公演『極付 早乙女太一』の開催前に報道陣のインタビューに応じた。前所属事務所との独立騒動を経て同劇団に移籍後、初の全国ツアーを迎える早乙女は「充実してます。スタートという感じ」と心機一転、晴れやかな笑みを見せた。

 同公演では、早乙女が初めて着物のデザインや演出を務め、舞踊や剣舞など卓越した技術を披露する。早乙女は「今までと違う緊張がある。やる緊張感と見てもらうという緊張感があって、緊張は倍ですね」と心持ち固めの表情。初演出に「頭にある想像を伝えるために作るのが難しかった」と生みの苦しみを味わったことも明かした。

 前所属事務所・斎藤エンターテインメントの社長の母で、浅草ロック座の斎藤智恵子会長も「見に来る?」という報道陣からの質問には「わかりません」と言葉少なめ。移籍後に会って会話を交わしたそうだが「今回の(公演の)話はしていないですね」と淡々と語るにとどまった。そして今後の活動については「できることをいろいろやっていきたい。チャレンジはしていきます」と意欲をうかがわせた。

 劇団朱雀特別公演『極付 早乙女太一』は11月16日(火)まで全国各地全38か所で上演される。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について