貴乃花親方がドラマ初出演!! 佐々木希主演『土俵ガール!』で校長役

ドラマデビューする貴乃花光司氏(Photo by nanako nishiyama)  [拡大する]

ドラマデビューする貴乃花光司氏(Photo by nanako nishiyama) 

■その他の写真ニュースはこちら

 第65代横綱で、貴乃花部屋師匠及び日本相撲協会理事の貴乃花光司氏が、モデルで女優の佐々木希が初主演する連続ドラマ『土俵ガール!』(TBS系)でドラマ初出演することが10日、わかった。親方は相撲部員役の出演者にクランクイン前に自ら稽古をつけるなど、同作に“相撲監修”として参加しているが、その存在感に惹かれたスタッフが出演を依頼し実現。親方は「将来はVシネマ出演を目指します!(笑)」と俳優業に意欲を見せている。

 同作は佐々木演じるファッションモデル・若林光が、廃部寸前の相撲部を立て直すべくコーチとして奔走するスポ根コメディドラマ。親方は第3話で、光率いる相撲部が練習試合を挑む強豪校の校長先生役で登場。監修として演者たちに相撲の稽古をつけた親方は「一生懸命で、思った以上によくやっていて、みんなのまなざしが良かったのが印象的でした」とひた向きな姿勢に感銘を受けたようだ。

 親方との共演に主演の佐々木も「収録前なのでまだお会い出来ていませんが、貴乃花親方の姿をテレビで拝見していたので、今回はお会い出来るだけで光栄です。親方の迫力に負けない様、一生懸命頑張りたいです」と文字通り胸を借りる覚悟の様子。

 今回、親方の起用を決めた番組プロデューサーは「現役時代には圧倒的な強さで相撲ファンを魅了された貴乃花親方ですが、今回初めてお会いし、道を成し遂げた人物ならではのオーラをひしひしと感じました。ドラマ出演の際にも、その魅力を自然体で発して頂ければと期待しています」と“がっぷり四つ”で演出する姿勢を見せている。

 貴乃花親方は、元大関・貴ノ花利彰、元女優・藤田憲子の次男として誕生。1988年に兄の勝(元横綱若乃花、現タレント・花田勝)と藤島部屋に入門。優勝22回を果たし、“平成の大横綱”と称された。03年に現役を引退し04年に二子山部屋を継承。名前を貴乃花部屋に変更し、親方として後進の指導にあたる。10年2月には、日本相撲協会理事に当選した。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について