しずる、初の“冠”レギュラー番組に大喜び

しずるの(左から)池田一真と村上純 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

しずるの(左から)池田一真と村上純 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いコンビのしずるロッチらが29日、都内で行われたTOKYO FMの春の新番組お披露目説明会に出席した。ロッチ、パンクブーブー、NON STYLEとともに日替わりでパーソナリティを務めるしずるの村上純は「ラジオもそうだし、僕らは冠となるものは初めてで、すべてが初めてづくし」と大喜び。ほかの3組に対して「芸歴で言ったら、僕らに若さで右に出るものはいない。パンクさんとかオッサンですから」と意気込み、相方の池田一真は締めの言葉を任されると「ん〜っ……聴け!!」とアピールした。

 4月26日に開局40周年の節目を迎える同局は、今春から制作費を前年度比10%近く増加させ、改変率52%と平日12時間を超える大幅な番組改編を発表。「アースコンシャス〜地球を愛し、感じるこころ〜」「ヒューマンコンシャス〜生命を愛し、つながるこころ〜」といった2つのキャンペーンの理念を拡大化させることを目的に、春の改変キャッチコピーとして「POINT LOVE ACTION」が掲げられた。

 しずるとロッチがパーソナリティを務める新番組『4ROOMS』では、若者文化の発信源である東京・渋谷を舞台に、探偵となった4組が若者の間で流行っているモノや人、音楽など日替わりの“調査依頼”を3時間かけて徹底的に究明していく。

 若さでは負けないと息巻くしずるに対し、ロッチのコカドケンタロウは「ぼくらは喋るのにしてもいちばんまったりしているので、平和な感じでアットホームにやっていきたい」と早くも独特の空気をかもし出していた。また番組の内容と絡めて“追跡したい人”を問われた村上は「根も葉もない報道をした記者の方を追跡したい。それが気になる」と優木まおみと自身の熱愛報道を引き合いに出して笑いを誘っていた。

 新番組パーソナリティの顔ぶれは『LOVE CONNECTION』(月〜金、11時30分〜13時)をLOVE、『シナプス』(月〜木、13〜16時)をやまだひさし、『4ROOMS』(月〜木、16〜19時)は、それぞれロッチ(月)、パンクブーブー(火)、NON STYLE(水)、しずる(木)が担当。また『JOGLIS+』(月〜木、19〜20時)を浅利そのみ(月・水・木)と吉澤ひとみ(火)、『RADIO DRAGON』(月〜木、20時〜21時55分)を高山都(月・火)を紗羅マリー(水・木)がそれぞれ務める。

⇒“カリスマモデル”紗羅マリーも参加! 熊田曜子の“限界露出”も注目
 『神戸コレクション2010 S/S』フォトギャラリー


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について