宮根誠司、『おはよう朝日です』新司会者に珍エール! 早くもキャラ決定!?

現司会者の宮根誠司(左)に代わり、今月29日より“バトンタッチ”するABC・浦川泰幸アナウンサー(右)  [拡大する]

現司会者の宮根誠司(左)に代わり、今月29日より“バトンタッチ”するABC・浦川泰幸アナウンサー(右) 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 人気司会者の宮根誠司がこのほど、大阪・ABCテレビ『宮根誠司最後のおは朝特番!? あとはよろしく浦川くんSP』(3月22日 後4:50〜※関西ローカル)の会見を行った。今月29日より、宮根から同局の『おはよう朝日です』新“朝の顔”を引き継ぐ浦川泰幸アナウンサーに対し宮根は「僕のことは意識しないで浦川くんなりの『おは朝』を作ってください!」とエール。今や飛ぶ鳥を落とす勢いの偉大なる先輩から回ってきた大役に浦川アナは「非常に気が重くて初めて仕事のことで眠れない夜を過ごしました」と心境を吐露。ただ、収録では共演者からオネエ言葉や薄毛ネタでさっそくイジられ、早くもキャラクターの方向性が定まった(!?)ようだ。

 特番ではサプライズゲストとして地元・大阪出身のはるな愛が、番組名物の1つであるエレクトーンのお姉さんとして登場しジングルを演奏。また、途中では浦川アナに情報番組の基本とも言うべき「デパ地下でのリポート」を、かつてレギュラー出演していた稲川淳二が宮根と共に奇抜な“オバちゃん”姿に変身して実践。そのほか、こちらも関西の情報番組では欠かせない阪神タイガースのキャンプ取材を野球知識が乏しい浦川アナが宮根に強烈なダメだしを出されながら、奮闘する模様が紹介される。

 これまで20年、同番組の司会を務めた宮根は「この番組は、いわば関西の“文化遺産”。すでに番組が1人歩きしていて、僕らはついて行っているだけのような気がします。『おは朝』にとっての第一の使命は、視聴者の皆さんに朝から元気になって頂くこと。浦川くんには元気とパワーを送って欲しい!」とコメント。

 これまで、どちらかというと元気キャラではなかったという浦川アナも「これからは自分のキーワードを“元気”“前向き”にしていこうと思う。毎朝3時ぐらいには起きて4時には出社します」と、真剣な眼差しで意気込んでいたが、最後には宮根から「3時前は髪の毛が一番生える時間。そんなことしたらホンマ、ずるむけになるよ!」と“珍”アドバイスされ、笑いを誘っていた。

人気のアナウンサー情報が満載☆「アナウンサー」関連ニュース記事一覧

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について