ジュノンボーイGP稲葉友が初仕事で声優デビューも「囲み取材」に消沈

稲葉友 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

稲葉友 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 昨年開催された美男子コンテスト『第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを受賞した稲葉友が26日、都内で初仕事に臨んだ。映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』いきなり声優デビューを飾る稲葉は、公開アフレコ後に報道陣のインタビューに応じ「やっぱり難しかったですね」と苦笑い。また「囲み取材って恐い。グランプリ獲った時、いろんな人に囲まれてカメラのフラッシュがたかれて…」と、“時の人”に群がるマスコミのパワーに圧倒されたことを慣れない様子で振り返った。

 記念すべき初仕事が声優となった稲葉は「不安が大きかったです。映像の演技に合わせるのが難しかったし、感情の出し方も難しくて」と苦戦した様子を明かしつつ「いい経験でした。演技っていうジャンルにも興味がわく。いろんなことにチャレンジしたいです」と俳優も視野に入ったようで、初々しい表情をみせた。

 稲葉は現在17歳で共学高校に通っているとあり、報道陣がバレンタインデーのチョコの数を期待すると「高校入ってから(良い)思い出ない。義理チョコや本命なんてないですよ。でも、チョコは大好きなんで、待ってます!」とカメラを通してアピール。ただ、その直後に「こういうことって(カメラを通して)あんまり言わないですよね?」と自らの思い立った発言に顔を赤らめていた。

 神と人間の間に生まれた“デミゴッド”と判明した落ちこぼれ高校生パーシーが、神々の問題になっている最強の武器「ゼウスの雷撃」盗難事件の疑いをかけられ、真実を究明すべく旅に出るというファンタジー映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』は、2月26日(土)より公開。

◆特集
昨年の『第22回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』グランプリ決定までに密着!

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について