堀北真希の英語力を松ケン絶賛「海外で仕事できる」 映画『誰かが私にキスをした』完成会見

堀北真希 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

堀北真希 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 女優・堀北真希の主演映画『誰かが私にキスをした』の完成記者会見が20日、都内のホテルで行われた。会見で堀北は、「英語のセリフに挑戦したり、海外の監督やスタッフとお仕事したり、新しいことにたくさんチャレンジした映画が完成して嬉しい。すてきなロマンチックな映画になっていると思っています」と語り、この日のために来日したカノーザ監督と共演俳優のアントン・イェルチンを英語のスピーチで歓迎。松山ケンイチ、その英語力を「海外へ行っても仕事できる」と絶賛した。

 緊張のために一度やり直しはしたものの、流暢な英語を披露した堀北。その直後、「大丈夫だったかな」と不安げにしていた堀北に、松山は「よかったよ、よかった」と声をかけ、「堀北さんには言葉の壁を感じなかった、監督とも英語で話していたし、普通にやりとりしていた。海外へ行っても仕事できそう。すごい」とその英語力に感心することしきり。堀北は「通訳がいてくれたので、すごく困ることはなかったですが、どういう日本語で言えば思いが伝わるのか、日本語に気を配った撮影期間でした」と振り返った。

 同作は、米国・NYを拠点に活躍するハンス・カノーザ氏が監督、プロデュースを務めた作品で、日本のアメリカンスクールを舞台に、記憶をなくした少女ナオミ(堀北)と3人のボーフレンドが繰り広げる自分探しのラブストーリー。3人のボーイフレンドを松山、手越祐也NEWS)、アントンが演じる。

 物語のキーポイントとなっている“キス”のタイミングについての質問に、松山は「どのタイミングでしようか考えるが、計画通りに行かず、テンパって出来ずじまいに終わるタイプ」、手越は「今日しようというのは、家を出る前に決めていて、隙あらばという感じでそのことばかり考えていて、彼女の話も上の空で、結局、別れ際になりそう」と、かなり具体的な妄想をふくらませていた。

 そんな男性キャストの話を聞いていた堀北は、「(キスしてもいいかと)聞かれたら困る。自信を持って来て欲しい」とハニカミながらもはっきり答えた。これを受け、カノーザ監督が「男性は女性からキスしてもらうのも大歓迎ですよ」と一言添えると、「Yes、Yes(そう、そう)」とアントンが同意して笑いを誘っていた。

 カノーザ監督は2005年に東京国際映画祭で本編のすべてをデュアルフレーム(2画面分割)で描くという斬新な手法を用いた『カンバセーションズ』が上映され、高い評価を得たクリエーター。その際、来日した縁もあって、アメリカを舞台したガブリエル・ゼヴィンの原作小説を日本のインターナショナルスクールに設定を変えて映画化を試みた。カノーザ監督は、「実は、僕自身が、シンガポールでインターナショナルスクールに通っていて、映画と同じように記憶をなくした経験があるんです」と作品への思いを語っていた。

 映画『誰かが私にキスをした』は3月27日より全国公開。

◆関連ニュース 映画

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について