2010年「期待の俳優」、岡田将生が初首位 〜最年少“こども店長”もTOP3に

期待度1位の岡田将生(撮影:中川有紀子)  [拡大する]

期待度1位の岡田将生(撮影:中川有紀子) 

■2010年「期待の若手俳優」TOP10

 ドラマや映画、舞台で若手俳優の活躍が目覚しい昨今。新ドラマがスタートする度に“出演俳優は誰?”という話題は、常に高い注目を集めている。今年はどんな若手俳優が登場し、飛躍を遂げるのか? ORICON STYLEでは2008年からスタートした『期待の若手俳優ランキング』を今年も発表。結果、今年新成人となった【岡田将生】が初の1位を獲得した。昨年末に公開された映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』では、短い生涯を懸命に生きる高校生を好演し、イノセントな演技で多くの女性ファンを魅了。今回、初の首位の座を射止めた。またランキング開始から最年少となる【加藤清史郎】が3位に急浮上するなど、新顔も多数登場している。

 2007年に“イケメン”というキーワードを浸透させたドラマ『花ざかりの君たちへ 〜イケメン♂パラダイス〜』(フジテレビ系)に出演し、若手俳優として注目された岡田。昨年は映画『ハルフウェイ』をはじめ、主演級の映画が4本公開、連ドラ初主演も果たすなど、目覚しい活躍を見せた。「ドラマ・映画主演に続き、CMや雑誌、モデルと活躍の場をどんどん広げている」(兵庫県/20代/女性)と期待値は高い。学生役が多かったこともあり、「きれいな顔立ちなのに演技派俳優っていうのがいい」(長野県/10代/女性)と、10代の女性からも支持を獲得した。今年は映画『告白』で教師役、『雷桜』では時代劇に初挑戦が決定しており、学生服を脱いだ“大人の男”としての新たな一面が楽しみだ。

 そんな岡田と僅差で、今回2位につけたのが【三浦春馬】。映画『恋空』で注目を集め、昨年は主演ドラマが2本放送されている。「インテリな役(ガリレオ湯川学の大学時代)から不良(ごくせん)、また“サムライハイスクール”など、草食系から肉食系まで幅広く演じることが出来るから」(千葉県/10代/女性)と、ルックスはもちろん演技力が好評価。今月からは三浦が08年に主人公の天才ハッカーを演じた『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)の続編がスタートし、ドラマへの期待度と同様、三浦の動向に注目が集まりそうだ。

 そして強豪ツートップに続き、3位と大健闘を果たしたのは最年少の【加藤清史郎】。NHK大河ドラマ『天地人』で視聴者の目を釘付けにし、その後トヨタ自動車CM“こども店長”で大ブレイク。昨年は、紅白歌合戦にも出場し『2009年最も活躍した“今年の顔”』(ORICON STYLE調べ)では2位に登場している。「あの歳であの演技力は本当に天才!!」(神奈川県/10代/女性)、「今後もその演技力でますます成長しそう」(愛知県/20代/男性)と、さらなる飛躍を望む声が男女を問わず寄せられた。

 そのほか、昨年からドラマで頭角を表した若手俳優が続々ランクイン。4位の【佐藤健 】と5位の【向井理】は、ともにドラマ『メイちゃんの執事』(フジテレビ系)で人気に火がつき、その後の活躍は右肩上がり。佐藤は1月からNHK大河ドラマ『龍馬伝』、ドラマ『ブラッディ〜』とレギュラー2本を抱え、向井もNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』のほか数本の映画も公開が予定されている。

 今回TOP10入りした彼らがどんな活躍を見せるのか? また、どんなニューフェイスが新しい風を吹き込むのか? 2010年はまだ始まったばかりだが、次世代を担う若手俳優たちからますます目が離せない。

【調査概要】
調査時期:2009年12月14日(月)〜12月17日(木) 調査対象:合計800名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代・20代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査


>>■期待の俳優&女優ランキング一覧
『俳優編』2008年2009年
『女優編』2008年2009年



■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について