セーラー服姿の加護亜依、舞台挨拶で共演者に公開ダメ出し!

加護亜依 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

加護亜依 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の荒木宏文逢沢りな加護亜依らが7日、都内で行われた映画『華鬼 三部作』の完成披露試写会の舞台あいさつに登壇した。役衣装のセーラー服姿で登壇した加護は、共演者の村井良大に対し「村井くん、役に入りすぎて、どう対応すればいいかわからなかった。空気悪くて、やりづらかったです!」と公開ダメ出しで会場の笑いを誘った。

 鬼の世界の因習や運命を乗り越え、鬼と人間の少女が育み合う愛を描いた、人気PC小説を実写化した同作。第3部で共に主演する加護から「撮影の本番以外もギクシャクしてた」と役者としての姿勢に疑問符を投げかけられた村井。「謝罪会見に変えてもいいですか? すいません…」と頭を下げ、会場を和ませた。

 また第1部主演の荒木は、冒頭から奔放なスタイルでトークを展開しながらも最後は「夢のある話で、俳優人生を掛けた作品でした。プレッシャーもあったけど、これで引退してもいいぐらいの気持ちで作りました」としっかりとアピール。逢沢も「襲われるシーンが多くて、リアルに傷ができて大変だったけど、頑張りました」と健気に語った。

 荒木と逢沢、細貝圭と川村ゆきえ、村井と加護の3組がダブル主演の三部作映画『華鬼 三部作〜華鬼×神無編』は11月21日(土)より、『華鬼 三部作〜麗二×もえぎ編』は11月28日(土)より、『華鬼 三部作〜響×桃子編』は12月5日(土)より公開される。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について