映画『ATOM』ワールドプレミアをASIMOが祝福

映画『ATOM』の舞台あいさつに、二足歩行ロボットのASIMOも駆けつけた (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

映画『ATOM』の舞台あいさつに、二足歩行ロボットのASIMOも駆けつけた (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 手塚治虫の不朽の名作『鉄腕アトム』がフルCGアニメ映画としてリメイクした『ATOM』のワールドプレミアが5日、東京・新宿ピカデリーで行われ、日本語吹き替え版でアトムの声を演じた女優・上戸彩や同テンマ博士役の役所広司、デビッド・バワーズ監督ら関係者がそろって舞台あいさつに登壇した。そんな中、突然舞台に現れお祝いに駆けつけたのは二足歩行ロボットのASIMO。鉄腕アトムをモデルに開発されたASIMOと握手して驚きの声を上げた上戸は、新生“ATOM”のことも「手塚先生のメッセージがたくさんつまった、切なくも感動する映画」とアピールした。

 舞台では「原作者である手塚治虫本人はあいにく違う次元で忙しく働いておりまして・・・」と手塚さんの長男・眞氏が代わりにあいさつ。今回、同作の監修も務めた眞氏は「日本のものであって、ほかの国で作れるのだろうかという疑問をお感じの方もいらっしゃると思うのですが、手塚治虫の精神、心を感じ取れる作品になっております」と太鼓判を押した。また、眞氏は「できる限り口を挟まないように心がけていた」といい、脚本も手がけたバワーズ監督も「新しい要素を加えた新アトムになっています。例えば、アトムは自分がロボットであることを最初は知らなかったり、新しいキャラクターも登場して、ロボット犬がアトムと仲良しになったりします」と見どころを語った。

 アトムの声という大役を果たした上戸は「アトムのキャラクターは知っていたので、『ヒーローの役、やるやる』とノリ良く引き受けてしまったが、ストーリーを知っていたら怖くてアトムを引き受けられなかったと思ったくらい素敵な作品。アトムのファンを悲しませないように一所懸命やりました」と神妙な表情も見せた。また、「アトムを見て育った」という役所は、「風呂に入っている時、いつもアトムのヘアスタイルになっていた。手塚治虫さんのメッセージが21世紀により力強く伝わる素晴らしい映画に参加できてよかった」と喜んでいた。

 ワールドプレミアには同作の制作会社IMAGISTUDIOの創業者フランシス・カオ氏をはじめ、香港版でアトム役を務めたイアン・グオ、同テンマ博士役のアーロン・クォックらが来日して華を添えた。アメリカ製フルCGアニメ映画『ATOM』は10月10日(土)より日本での公開を皮切りに、アジア圏、全米では約3000スクリーンという超拡大規模で公開される。

【特集】流行りモノ調査隊 #65『手塚治虫生誕80周年』

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について