プロスケーター荒川静香、人気ブロガーきっこ“活躍する女性11人”が作詞家デビュー

作詞に挑戦したプロスケーターの荒川静香 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

作詞に挑戦したプロスケーターの荒川静香 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 シンガーソングライターの河口恭吾 が、“今を生きる女性たち”をテーマに、さまざまな世界で活躍している女性に詞を提供してもらったコンセプトアルバムを11月に発表する。歌詞を書いたのは、人気ブロガーのきっこ、プロスケーターの荒川静香、ファッションデザイナーのコシノヒロコら、それぞれの世界で活躍が目覚しい11人。河口は「女性たちが“真っすぐ”に生きる姿が僕には魅力」と話している。

 同アルバムは、歌詞の中に登場する女性の心情をスタッフの男同士であれこれ話していた際、“男だけで思案するよりも女性の視点から楽曲をつくってみたら面白いのでは?”と考えたことがきっかけで生まれた、という。そして、「自分の中の女性感」ではなく「現代を生きるリアルな女性の声、本音や心情」を知りたいと思うようになり、“今を生きる女性たち”をテーマにさまざまなジャンルで活躍している女性に声をかけ、詞を提供してもらい、河口がメロディーをつけて楽曲を制作した。

 詞の提供者は、3人のほか、パティシエの柿沢安耶、美容ジャーナリストの齋藤薫、女優の紫吹淳、webディレクターの田中明子、「ゆりちかへ ママからの伝言」著者のテレニン晃子(故人)、カリスマ読者モデル出身で実業家の桃華絵里。そして、一般公募から選出された現役女子高生の三日月さんとと「いのちの電話」の指導員という11人。あらゆるジャンル、あらゆる世代の女性が参加している。

 河口は「「何かに向かって真っすぐ生きている(いた)」ということが皆さんに共通していると思います。女性たちが「真っすぐ」に生きる姿が僕には魅力で、強い意志を持ち、生き様そのものがストーリーになっている皆さんに愛をテーマにお話を聞かせて頂き、それを一つの歌として捉えられたなら、今まで音楽と疎遠だった人の心にも勇気や希望を届けることが出来るのではと思っています。そういう歌こそが今を生きる僕たちが必要としているラブソングなのでは……」とコメントしている。

 アルバムは11月11日に発売。その後、11月23日に東京・赤坂BLITZ、29日には大阪・なんばHatchでワンマンライブを行う。


 河口恭吾



CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について