小出恵介が一筆入魂! 足跡で描いた富士山に「絆」の文字

映画『風が強く吹いている』の完成披露試写会に出席した小出恵介 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

映画『風が強く吹いている』の完成披露試写会に出席した小出恵介 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 10人の若者たちが箱根駅伝を目指し成長していく姿を描いた映画『風が強く吹いている』の完成披露試写会が29日、東京・丸の内ピカデリーで行われた。舞台あいさつには主演の俳優・小出恵介をはじめ主要キャスト、大森寿美男監督ら10人とともに、同作のキャスト・スタッフが足跡で描いた富士山画の幕も登場。仕上げに小出が「絆」と“一筆入魂”し「この映画はストーリーもそうですし、10人の絆で成立したんだと思っています」と万感の思いを語った。

 同作は、小説家・三浦しをんの同名小説を「箱根駅伝を題材に映画を撮りたいとひそかに夢見ていた」という大森監督が映画化。10人のランナーがタスキをつないで東京〜箱根間を往復する箱根駅伝本戦をリアルに再現するにあたり、キャストも本物のランナー並みにトレーニングを重ねて撮影に臨んだ。小出は「みんな練習したからタスキに重みを感じたし、走る喜びを感じたし、本当に箱根駅伝を走っている方たちのちょっとでも気分を味わえたのかなと思いました」と振り返った。

 この日は、小出とともに駅伝チームのメンバーを演じた林遣都中村優一川村陽介森廉内野謙太斉藤祥太斉藤慶太ダンテ・カーヴァーも登壇した。天才ランナーを演じた林は「長距離ランナーのフォームを見て、ちょっと真似したらできると思っていたらなかなかできなくて。フォームひとつをとっても過酷でした。でも、撮影が終わるころには全然違うフォームで走れるようになった」と満足げで「練習あるのみです」という言葉に力が入った。また中村は「見た後に走りたくなる映画」、川村は「本物にも見劣りしない迫力のある映画」とそれぞれ作品をアピールしていた。

 映画『風が強く吹いている』は10月31日(土)より全国公開。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について