小池徹平、品川祐を褒め殺し!? 「リアルな芝居をして役者だなぁ」

映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の完成披露試写会に出席した、小池徹平 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の完成披露試写会に出席した、小池徹平 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 インターネット『2ちゃんねる』に書き込まれた実話をもとにした同名ベストセラーが原作の映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の完成披露試写会が14日、都内で行われ、主演の小池徹平をはじめ主要キャスト陣と佐藤祐市監督が舞台あいさつを行った。小池は本格的な役者業に初挑戦したお笑いコンビ・品川庄司品川祐の演技について「“リアルな芝居”をして役者だなぁ」とベタ褒め。品川はこれを打ち消さんとばかりに「立ちながら寝てしまったことがあるんですよ」と必死な面持ちで撮影時のエピソードを明かし、大テレだった。

 登壇者は小池、品川、佐藤監督のほかにマイコ田中圭、中村靖日、千葉雅子田辺誠一の8人。マイコは「撮影現場では皆、漫画ばかり読んでいて、まったりした雰囲気で楽しかった」と振り返り、出演者たちの関係は決して“ブラック”ではなかったとアピール。ところが、田中は「出世欲の塊のような男を演じて、僕にも出世欲があったんだなぁと気づいた。もう少しセンターに立ちたい」と中央に立つ小池の方をチラリ。田辺も「大変な状況に陥ったら、うまくアピールして先に同情を誘う」と腹黒さを垣間見せて笑いを誘った。

 同作は小池演じる元ニートの青年が小さなIT企業に就職し、“ブラック会社”と呼ばれる過酷な職場環境の中で限界に追い込まれながらもひたむきに頑張り成長していく姿を描く。佐藤監督は「厳しい社会の中でどう生きていくか選択し、決断する男の話。自分が変われば、周りも変わる。そんな勇気を感じてもらえたら」と話していた。11月下旬より全国公開。


 小池徹平

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について