小泉孝太郎「完全燃焼」公約! 連ドラ初主演会見で“選挙演説”ばりの雄弁

今回ドラマ初主演を務めることになった小泉孝太郎 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

今回ドラマ初主演を務めることになった小泉孝太郎 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の小泉孝太郎らが24日、都内でABC・テレ朝系新ドラマ『コールセンターの恋人』(7月3日 後9:00スタート)の会見を行った。連続ドラマ初主演となる小泉は「最初で最後の主演だと思って完全燃焼します!」と力強く宣言。その威勢のよさに、脚本を務めた中園ミホは「選挙にでも出馬するのかしら?」と突っ込み、笑いを誘った。

 『やまとなでしこ』『ハケンの品格』など“お仕事モノ”ドラマで定評のある中園が書き下ろしている同ドラマ。小泉演じる通販会社の“事なかれ主義”サラリーマンが突如、地方のコールセンター窓口に異動となり、そこで多彩な人生を学び成長していく姿が描かれている。小泉は「経験豊かな役者の皆さんに囲まれ支えられてる感じ。役作りも、受け身の芝居も多くドキュメンタリー番組のような感覚なので、特にしていませんね」とコメントした。

 またドラマの内容とちなみ、テレビ通販の利用経験について語った小泉は「本名で恥ずかしいから、友人や親戚に頼んで『ロデオボーイ』や『ビリーズ・ブートキャンプ』とかを買いましたね」と意気揚々。しかし、「おば同士が同級生」という共演者の名取裕子に「“(現場を)なめるんじゃないわよ!”ってバシバシ鍛えたい」と宣言されると、苦笑を浮かべていた。

 なお、同会見にはほかにミムラ松重豊安田顕中島ひろ子滝沢沙織、山崎野々華、若林豪も出席した。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について