京急初の“萌えキャラ”で「京急検定」アピール

『京急検定』イメージキャラクターの“萌えキャラ”、「けいきゅう♪ドレミたん」  [拡大する]

『京急検定』イメージキャラクターの“萌えキャラ”、「けいきゅう♪ドレミたん」 

■その他の写真ニュースはこちら

 京急電鉄は13日(金)、同社初となる「京急検定」を、ウェブサイトにて実施することを発表。また、同社は同検定試験のイメージキャラクター「けいきゅう♪ドレミたん」を誕生させた。同社によると「この検定のみのキャラクター」とのことだが、京急が“萌えキャラ”を作るのは今回が初めてということもあり、大きな注目を集めそうだ。

 同検定はニンテンドーDSソフト『鉄道ゼミナール―大手私鉄編―』を発売するタイトーと共同で企画。同ソフトの問題の一部に加え、同社の職員が作成したシステムをカスタマイズした。検定は「普通(初級)」、「特急(中級)」、「快特(上級)」に分かれていて、100点満点で80点以上を獲得すると「オリジナル認定書カード」をダウンロードできる。

 また、検定と同時に話題となりそうなのが、“萌えキャラ”の「けいきゅう♪ドレミたん」。名前は加速時に音階を奏でるVVVFインバーター(ドレミファインバーター)が由来になっており、ドレミたん自身も同インバーターを採用した車両に乗車。この細かいカラクリも、“鉄ヲタ心”をくすぐるポイントになっている。

 同検定は3月20日から5月30日まで、京急電鉄ウェブサイト内の「あつまれ!KEIKYU KIDS」にて実施される。

京浜急行電鉄「あつまれ!KEIKYU KIDS」サイト

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について