X JAPAN、5月の東京ドーム公演発表! YOSHIKIはリベンジの地・甲子園でのライブも視野

YOSHIKI  [拡大する]

YOSHIKI 

■その他の最新写真ニュース一覧はこちら

 ロックバンド・X JAPANのリーダー・YOSHIKIがレーシングチームをプロデュースすることになり11日(水)、都内で行われた『TEAM YOSHIKI 童夢 PROJECT』体制発表会見に出席した。YOSHIKIは今後のX JAPANのワールドツアー日程について切りだし「5月2日、3日に東京ドームでやります」と発表。さらに昨年母校の千葉県・安房高校が選抜高校野球大会に初出場した際に現地での応援が高野連からのお達しにより果たせなかった阪神甲子園球場でのライブも“リベンジ”として視野に入れていることを明かした。

 昨年再結成ライブを行った東京ドームで再び公演を行うことを発表したYOSHIKIは「世界ツアーで日本も回れないかと考えてた」と、日本のファンのために意欲的に日本でライブを行うことを宣言。しかし「もっと発表するはずでした。でも、何個か決裂しちゃって」と唇をかみ締めた。

 現に「京セラドームとの交渉が決裂しました。それも発表するはずだったけど、平行線。Xジャンプをやるなとか、音量のでかさとか、終演時間の問題とか。でも一番でかいのは振動の問題みたい」と道のりは厳しい様子。それでも「Xの武器としてオーケストラがあるんで、大阪は諦めてません」と実現を約束した。

 さらに甲子園球場とも交渉中であることを明かし「昨年いろいろあって行けなかったので、だったらコンサートをやってやろうかと思った」。母校応援の際に高野連が会場の混乱を危惧し入場を自粛されたという経緯があるだけにリベンジの構えだ。

 今回のプロデュースは、元々レーシングに関心が深かったYOSHIKIと、SUPER GT 童夢レーシングチームのモータースポーツの認知度向上を図りたいという想いが合致し実現。YOSHIKIは「やるからには勝たないとね」と狼煙をあげ、士気を高めていた。


 X(X JAPAN)

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について