山本モナ、年内で謹慎解除 「改めて深く反省しました」と直筆で陳謝

山本モナ[08年3月撮影]  [拡大する]

山本モナ[08年3月撮影] 

■その他の写真ニュースはこちら

 プロ野球・日本ハムの二岡智宏選手(当時・巨人)との不倫騒動で7月10日から無期限謹慎中のフリーキャスター・山本モナが、今月31日をもって謹慎を解かれることが25日(木)、所属事務所より発表された。具体的な復帰時期は未定だが、年明け以降に仕事の依頼を受けた時点で検討し、対応できるものから開始するという。山本はFAXで「今後は厳しく自身を律し、再度このような事態を引き起こさないことを皆様に誓います」と直筆のコメントを寄せた。

 謹慎解除への経緯として、事務所サイドは「山本本人がこの度の自覚に欠けた行動を深く反省し、自らを厳しく戒め、再び同じ様な事態を起こさないことを堅く誓っているおり、今回の決定に至りました」と説明。今回の騒動に「当社といたしましても山本の管理不行き届きを深く反省しております」と関係各位への謝罪コメントを発表した。

 山本が寄せた直筆コメント全文は以下。

 この度、所属事務所の判断により謹慎を解除される運びとなり、来年からはご依頼を頂けるものから仕事を再開させていただく状況になりました。
 私の無自覚で不適切な行動により、番組や関係者の方々に多大な御迷惑をおかけしてしまった事を大変申し訳なく思い、謹慎期間中に改めて深く反省いたしました。
 申し訳ございませんでした。
 今後は厳しく自身を律し、再度このような事態を引き起こさないことを皆様に誓います。
 精一杯がんばっていきます。宜しくお願いいたします。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について