髭男爵、“主夫”役に引っ掛けて思わぬ「庶民ぶり」明かす

男爵キャラとはほど遠い庶民性が露呈した山田ルイ53世(髭男爵)  [拡大する]

男爵キャラとはほど遠い庶民性が露呈した山田ルイ53世(髭男爵) 

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いコンビの髭男爵が15日(木)、都内で声優を務めるテレビ神奈川(TVK)アニメ『天体戦士サンレッド』とJリーグ・川崎フロンターレとのコラボアニメの製作発表会見に出席した。料理が得意なカリスマ主夫役を演じる髭男爵の山田ルイ53世は「フィアンセがいない我輩なので、普段は厨房で袋麺をしばしば作っている」と話し、男爵キャラとはほど遠い思わぬ庶民ぶり(!?)が露呈した。

 別収録だったためフロンターレ所属で日本代表の中村憲剛ら3選手はこの日、VTRで髭男爵にコメントを残したが、あまりのグダグダっぷりに山田は「コメント被ってるやないか〜い!」と苦笑い。ただ、その後は主夫役に引っ掛けて普段の食生活を聞かれると「たまに彼女が作ってくれますが、焼いたり、揚げたりなど炒め物はしないんです。それ以外は、不満はないんですけどね」と愛する人への“要望”を口にしていた。

特集『今年ブレイクした芸人は? 2008年のお笑い界を徹底解明』

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について