政治・経済の“変化”を受け〜今年の漢字は「変」に決定

京都・清水寺で発表された2008年の『今年の漢字』  [拡大する]

京都・清水寺で発表された2008年の『今年の漢字』 

■その他の写真ニュースはこちら

 年末の風物詩である「今年の漢字」が京都府京都市の清水寺で12日(金)に発表され、2008年の世相を表す漢字1文字に「変」が選ばれた。首相の交代や急激な景気悪化など、政治、経済の“変化”を強く感じ、選んだ人が多かったようだ。

 「今年の漢字」は日本漢字能力検定協会が毎年12月12日に発表。1995年から続いており、今年で14回目となる。一般からの応募によって選出され、今年はインターネット応募などのほか、東京タワー、名古屋テレビ塔、京都タワー、通天閣、福岡タワーに特製「今年の漢字応募箱」を設置していた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について