mixiが招待なくても登録可能に 年齢制限も引き下げ プラットフォーム開放へ

『mixi』の事業展開を発表する笠原健治社長  [拡大する]

『mixi』の事業展開を発表する笠原健治社長 

■その他の写真ニュースはこちら

 ミクシィは27日(木)、現在18歳以上からの利用となっているソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)サイト『mixi』の年齢制限を12月10日より15歳以上に引き下げ、また登録者からの招待状がないと利用できない「完全招待制」を2009年春に撤廃し、招待なしでの新規登録も可能にすることを発表した。またオープン化の施策としてmixi Platformを開放する。

 同社では、年齢制限の引き下げに伴い、安心・安全に利用できるような取り組みとして、多数のユーザーの問い合わせに対応できるようなサポート体制を強化。利用規約に反する書き込みを監視するシステムを増強し、新規登録時において生年月日登録を必須化させ、青少年ユーザーにはコミュニティの閲覧・投稿、友人検索機能に関して閲覧制限を設けるとしている。

 また12月11日よりmixi内でのサービスアプリケーションを開発及び提供できる「mixiアプリ」のパートナー向けベータ版を提供するに伴い、本格的にパートナーの募集を開始。同時に、パートナーを資金面で支援するファンドの設立準備も進めているという。来春にはmixi以外のサービスアプリや端末においてmixiのデータを活用して、付加サービスや新サービス提供を可能にする「mixi Connect」を公開する予定。

 9月30日時点で会員1568万人を有するmixiは、今回の規制緩和でさらなる利便性の向上及び多用なニーズに応えるとしている。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について