「よろしく、ネッ!」ゆーとぴあ解散、ホープが新ユニット結成

ホープ・城後光義と“懺悔の神様”ことブッチー武者  [拡大する]

ホープ・城後光義と“懺悔の神様”ことブッチー武者 

■その他の写真ニュースはこちら

 ホープ・城後光義とピース・立花伸のコンビで78年にコンビ結成された“ゆーとぴあ”が、10月23日(木)に解散を発表するとともに、城後は新たなユニットを結成する予定にあることを所属事務所が21日(火)、明らかにした。

 9月から城後は、ソロとしての活動がスタートしており、10月23日(木)からはじまるシークレット舞台『老コメディアン とりあえず夢』(新宿・シアターミラクル)で完全復帰。同日行われる公開ゲネプロ終了後に、同舞台に出演するブッチー武者と新たなユニットを結成することを発表する見込みにあるという。ブッチー武者は、テレビ番組『オレたちひょうきん族』の懺悔の神様で知られる芸人。なお、コンビなのか、トリオになるのかはまだ不明とのこと。

 ゆーとぴあは、昭和50年代より「よろしく、ネッ!」の決めセリフで一躍人気者に。「ゴムパッチン」の芸などを幅広い世代に広めた。

◆舞台『老コメディアン物語 とりあえず夢…』は、10月23(木)〜26(日)東京・  新宿シアター・ミラクルで開催。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について