勤労者、3人に1人が「やる気出ずに仕事休んだ経験」あり

■その他のグラフはこちら


 東京海上日動リスクコンサルティングが、20代〜50代の勤労者に『仕事に関する意識調査』についてアンケートを行った結果、「モチベーションの低下が原因で仕事を休んだ」ことがあるという人が、ほぼ3人に1人の35.6%にのぼることを発表した。また、「モチベーションが下がった」「ストレスが高くなった」と感じている世代は30代、40代がもっとも多いことも判明。多くの組織で、層の厚い世代ほど労働意欲が出ずに悩んでいることになり、企業・団体は対策を迫られることになりそうだ。

 同社は7月に今回のアンケート調査を実施し、20代から50代の会社員、公務員1031人が回答。「モチベーションの低下が原因で仕事を休んだ」経験がある人のうち、3.8%の人は月に1回もしくは、それ以上の日数を休んだことがあるという。

 現在の仕事に対するモチベーションについては、「ある」という回答が20代(57%)、50代(55.0%)に比べて30代(50.5%)、40代(49.2%)は低い傾向で、現場の第一線で活躍している世代のモチベーションが低下していることが垣間見える。逆に、仕事へのストレスは30代(66.0%)、40代(65.5%)がもっとも高く、モチベーションの高さとストレスの高さが反比例する結果に。「1年前と現在を比べるとストレスが高くなった」という割合も30代(52.8%)、40代(55.4%)が他世代よりも上回っている。

 また、30代は「1年前と比べるとやる気が高まった」とする回答(33.7%)と「1年前と比べるとやる気が高まっていない」という回答(36.2%)がほかの年代よりも高く、労働意欲の差が広がりやすい世代であることが明らかに。"30代の働き方" は、本人にとっても組織にとっても大きな分岐点であると言えそうだ。






(データ出典:東京海上日動リスクコンサルティング)
今月の写真ニュース一覧をみる

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について