一発ギャグ日本一は将棋・羽生名人のいとこ・羽生幸次郎

優勝したBコース・羽生-幸次郎  [拡大する]

優勝したBコース・羽生-幸次郎 

■その他の写真はこちら

 一発ギャグの日本一を競うイベント『大秒殺』が16日(土)、都内で行われ、お笑いトリオ・Bコースのメンバーで、将棋の羽生善治永世名人のいとこでもある羽生幸次郎が見事優勝した。参加芸人101名の頂点に輝いた羽生は「ずっと、モヤモヤしていたものが確信に変わりました! 私は天才です」と“天才棋士”に負けない才能があることを胸を張って宣言した。

 今回のイベントは、道具や衣装、音響等を一切使用せず、体1つで繰り出す一発ギャグの日本一を競うという趣旨で、お笑いコンビ・COWCOWが『秒殺』というタイトルで都内で過去3回開催していたものを発展させた。前回優勝を果たした世界のナベアツや猫ひろし、村上ショージら優勝候補が次々と脱落するなか、運にも恵まれた羽生は見事栄冠を手にした。優勝会見ではBコースのメンバーを呼び、「ギャグとは…結局、わかんない!」と3人で1発ギャグを披露し喜びをあらわにした。

 イベント主催者のCOWCWOW・多田健二は「来年以降は、毎年ここでやりたい。それにしても、僕の最後に披露したのギャグはドン滑りでしたね」と苦笑いしながら総括した。イベントの模様は、9月に大阪・関西テレビ(※関西ローカル)で放送予定。



今月の写真ニュース一覧をみる

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について