長澤まさみ、松ケン、ローサがアニメ『デトロイト・メタル・シティ』にゲスト参加

■その他の写真はこちら

 松山ケンイチ主演、KISSのジーン・シモンズの出演などで大きな話題になっているこの夏公開の映画『デトロイト・メタル・シティ』(DMC)。その実写映画化とともに同時進行していたアニメ版『デトロイト・メタル・シティ』に、長澤まさみ、松山ケンイチ、加藤ローサら大物ゲストが続々と集結することがわかった。相川由利役を演じる長澤は「祝映画化!原作ファンなので楽しみです!」とコメントしている。

 アニメ版には、実写映画より主演の松山ケンイチ、加藤ローサ、さらに監督の李闘士男がゲスト声優として参加。現実の役柄さながらに、劇中に登場する映画『ノ・ビーレ』のなかの監督、主演俳優、ヒロイン役でそれぞれ出演する。

 そして自身、DMCファンであり、李闘士男監督作品『ガンジス河でバタフライ』にも主演した長澤が、DMC応援団として相川由利役でゲスト参加することが決定した。長澤はこの出演により、李闘士男監督、そしてDMCにエールを送るかたちになる。その他にも、実写ではKISSのジーン・シモンズが演じた“メタルの帝王”ジャック・イル・ダーク役を、アニメでは“ミナミの帝王”竹内力が迫力十分に演じる。

 また、劇中で使用される楽曲にも豪華アーティストが参加する。まずは渋谷系の代名詞ともいえるカジヒデキが楽曲参加。主人公・根岸崇一そして、自身がモデルとなっているキャラクター「サジヒデキ」のために“あま〜いラブソング”を書き下ろした。さらにヒップホッパー鬼刃の楽曲を、伝説のヒップホッパー、渋谷のドンことK ダブシャインが書き下ろす。カジヒデキ、K ダブシャインともに、楽曲提供のみならずアニメ、映画ともにゲスト出演も果たしている。

 この豪華ゲスト陣が集結したアニメ『デトロイト・メタル・シティ DVD-BOX(4 枚組)』は、6月6日より予約受付が開始され、8月8日に発売される。原作コミックスの1巻と2巻に収録されている24話分が、世界を代表するアニメーションスタジオ、STUDIO4℃によりアニメ化される。また、7月11日には2話を収録した『デトロイト・メタル・シティ 魔王生誕盤』が発売される。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について