遼くん、同世代の日本代表に“ハニカミ”エール

■その他の写真はこちら

 “ハニカミ王子”ことプロゴルファーの石川遼選手が2日(月)、都内で行われた『トヨタ ジュニアゴルフ ワールドカップ2008』日本選手団結団式に応援代表として激励に駆けつけた。代表選手のうち4名が同世代の石川選手は「いずれは同じ舞台で戦えるのを想像しています。日本代表であることに自信を持って下さい」とエールを贈った。

 ホスト国日本を中心に全16チームで世界一を競い合う同大会は、石川選手もアマチュア時代に目指していたという。「中3の夏に上位に入れば選ばれると思っていたけれど、(今大会日本代表の)伊藤(慎吾)くんと大堀(裕次郎)くんに負けた」と当時のホロ苦い思い出を明かした石川選手は、「僕が経験できなかった事を経験して、それを他の人にも伝えてほしい」と、全力でぶつかりあった戦友たちに、自ら成しえなかった舞台での活躍を託した。

 また、「同世代から“石川プロ”と呼ばれるのには慣れていない。いずれはお互いにプロと呼ばない舞台(での再会)を想像しています」と、トレードマークの“ハニカミスマイル”を見せながら語り、会場を盛り上げた。なお、結団式には近藤智弘選手も出席した。

 世界で唯一のジュニアゴルフ国別対抗選手権『トヨタ ジュニアゴルフ ワールドカップ2008』は6月17日(火)より開幕する。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について