『au design project』第7弾モデル発表! あの人気カラーも復活

■その他の写真はこちら

 携帯電話のデザインに大きな影響を与えた『au design project』の第7弾モデル『INFOBAR 2』の発表会が9月26日(水)、都内で行われた。斬新なデザインは継承しつつ、au初のワンセグアンテナ内蔵やおサイフケータイなどの最新機能を搭載した進化型モデルとなっている。

 プロダクトデザイナー深澤直人氏とのコラボレーションとなる今モデルのデザインコンセプトは“四角い飴が口の中で溶けて丸みを帯びはじめたかのようなかたち”。2003年10月に発表された初代『INFOBAR』の“愛されるかたち”を継承しつつ、滑らかで手に馴染みやすいフォルムに仕上がっている。

 カラーはシルバー、ミドリ、ニシキゴイ、ウォームグレイの4タイプ。中でも注目なのは、初代モデル時に人気を集めたニシキゴイで約4年ぶりに再復活する。また、2.6インチワイドQVGA有機ELディスプレイで美しい画像を実現し、画質補整エンジンと照度センサーを利用する事により視環境に応じたメリハリのある映像を「ワンセグ」で視聴できる。

 今商品は11月下旬以降、全国順次発売予定。それに先駆けて9月27日(木)から11月29日(木)に原宿のKDDIデザイニングスタジオ、10月2日(火)から10月6日(土)に幕張メッセにて開催される『CEATEC JAPAN 2007』にて先行展示される。

 なお、有名ブランドとのコラボレーションアイテムも商品化し、「EZ web」上の『mobile fashion』サイト上にて販売される。

『INFOBAR2』詳細情報はこちら

先行展示も行われる、原宿・Kスタイベント情報はこちら

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について