“平成の松山千春”に友和&百恵長男・三浦祐太朗 自叙伝舞台の千春役で俳優デビュー

“松山千春”役での俳優デビューが決まった三浦祐太朗 (C)ORICON DD inc. [拡大する]

“松山千春”役での俳優デビューが決まった三浦祐太朗 (C)ORICON DD inc.

 歌手・松山千春の自叙伝舞台『旅立ち―足寄より―』の主演・千春役オーディション最終審査が3日、都内で行われ、俳優・三浦友和と元歌手で妻の百恵さんの長男で現在活動休止中のPeaky SALTのボーカル・三浦祐太朗がグランプリを獲得し、主演の千春役に決定した。“平成の松山千春”として俳優デビューが決まった三浦は今回の演技審査が人生初の演技で、「こんな緊張感はかなり久しぶり。率直にうれしい」と笑顔。オーディションの参加自体両親や俳優で弟の三浦貴大には秘密にしていたといい、「おめでとうって言ってくれると思います」と喜んだ。

 松山のデビュー35年目にあわせ、文化通信社が創立60周年記念事業として自伝的小説『足寄より』を7月30日〜8月3日まで赤坂・草月ホールで舞台化。自叙伝はデビュー30年のタイミングで映画化もされている。今回は主演の千春役を全国から一般公募してデビュー35年目にあたる1月25日に締め切り、プロ・アマ問わず823人の応募者が集まった。

 書類審査、事前のライブ審査を経て9人が最終審査のライブオーディションに参加。鳥羽一郎の長男・木村竜蔵やロス・インディオス初代女性ボーカルの故・シルヴィアさん長男・中山貴大といった大物タレント二世も臨み、9人中唯一2フィンガーで松山らしいギターテクニックを披露した三浦が演技も弾き語りもできる個性的でフレッシュな新人として評価され主演を勝ち取った。

 三浦は「自信がないとはここでは言えない。自分のもてる力を最大限に発揮して、真似ではなく自分なりの松山千春さんを演じたいと思います」と熱い意気込み。初めてのオーディションで見事結果を残し、「緊張が尋常じゃなかった」と振り返った。三浦は副賞としてFM NACK5の番組出演も決定。そのほか審査員特別賞には神奈川県出身の井上英樹さん、青森県在住の氣仙亮輔さんが選ばれ、他の役での出演交渉が行われる。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について