ハイウォー・松田が『世界遺産検定』2級合格! 「ミステリーハンターになりたい」

『世界遺産検定』の2級を取得したハイキングウォーキング・松田洋昌 (C)ORICON DD inc. [拡大する]

『世界遺産検定』の2級を取得したハイキングウォーキング・松田洋昌 (C)ORICON DD inc.

 お笑いコンビ・ハイキングウォーキング松田洋昌が『世界遺産検定』の2級を取得したことが24日、わかった。合格を喜ぶ松田は、これを機に『世界・ふしぎ発見!』(TBS系)の「ミステリーハンターになりたい」といい、「これまでほぼ女子しかいないみたいなので、ぜひ」と“男版”ハンターに意欲をみせた。

 同検定は、世界遺産についての知識や理解を深め、世に広めていくために2006年から行われており、現在の認定者は約2万人。級は3級からあり、今回松田が取得した2級の上には1級、最上級のマイスターが控えている。松田はもともと旅行好きで、これまで島根・石見銀山遺跡やマカオなど4ヶ所を訪れている。

 検定へのきっかけは、妻で女優でもある安藤聖。イベント会社のOL時代に同検定の試験官を務めていたという安藤から話しを聞いて興味を持ち、昨年4月から勉強を開始。同12月に試験を受け、今月21日に合格証明書が届いた松田は「“就職に役立つ”って書いてあったんで、今後もしものときのためにもなるかな」と冗談めかし、「国内外のロケ番組を積極的に狙って行きたい」と意気込んだ。

 新たに誕生しそうな世界遺産には、来年の登録に向けて申請中の富士山と鎌倉を挙げ、「鎌倉はすごくいいですよね。デートにも気軽に行けるし、日本の観光客も多い」とアピール。また“世界遺産級”の衝撃的な出来事として「10月のトークライブで相方のQ太郎が『対抗してバリスタの資格を取る』って宣言したのに、いまだ何もしてないこと」と苦笑した。

 2級取得を生かして新たなネタもつくり始めているようだが、「披露する場がなくてただの趣味で終わるかもしれない。自分たちのライブで披露していきたい」と寂しげ。最後は「(ネタ番組は)視聴率が悪いからって終わっていくんでしょうけど、そんなときだからこそやった方がいい。どこかの局でめげずにやってほしい。ちょうどさっき相方ともその話を真面目にしてきた」と真摯に語っていた。

ハイキングウォーキングも出演 お笑いライブ チケット発売情報

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について