分析記事

転職「スカウト機能」男性6割以上が利用 転職サイトの利用に関する調査

転職サイトの利用に関する調査

 2009年度のリーマンショックに伴う雇用調整の影響で減少した有効求人倍率は、以降回復基調で推移しており、厚生労働省の発表によると2018年度9月(季節調整値)では1.64倍と、1974年以来の高水準となった。企業の採用活動は活発で、売り手市場が続いている。現在、転職活動の方法として多くの人が転職サイトを利用しているが、その利用実態はどのようなものだろうか。今回は、転職サイトを利用し実際に転職したことのある1420人に回答を得た結果をまとめた。

若年層は休みや労働時間を重視 転職活動に関する調査結果

転職活動に関する調査結果

 「働き方改革」が叫ばれて以降、労働者が個々の事情に応じて多様な働き方を選択できる社会を目指し、さまざまな法改正をはじめとした取り組みが行われてきた。さらに、ここ数年は有効求人倍率も回復基調で推移している。このような変化の中で、人々の転職に対する意識はどのように変化しているのだろうか。今回は、転職サイトを利用し実際に転職したことのある1420人に回答を得た結果をまとめた。

▲分析記事 TOP

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。