【働きビト】消費税増税を控えるも、住宅購入への意識は低め?

消費税増税をひかえ、働きビトたちの住宅購入への意識は? [拡大する]

消費税増税をひかえ、働きビトたちの住宅購入への意識は?

 消費税の増税を控え、あれこれ“大きい買い物”を検討する人も多いのでは? 負担額の軽減を目的とした住宅ローン減税の延長も決定した今、社会人の常識・非常識やお財布事情を探るコラム、ORICON STYLE『働きビト』では、「住宅購入」に関する意識調査を実施した。結果、住宅購入を【意識したことがある】人は7.5%、【やや意識したことがある】の6.6%と併せても約1割強で、一方【意識したことはない】が70.5%と、購入への関心はさほど高まっていないようだ。

 全国の有職者20〜40代の男女800人を対象に行った同調査。「今年に入って住宅購入を意識したことがありますか?」との設問では、【あまり意識したことがない】15.4%、【意識したことはない】は70.5%と、購買意欲は低め。男女別でみると、女性は全世代で【意識したことはない】が70%を超え、男性は20代・65.7%、30代・64.0%、40代・65.2%と、やや女性よりは下回っているものの、積極的な購入への姿勢は見られなかった。

 【意識したことがある】、【やや意識したことがある】と、購買への関心を示した理由には、「消費税が上がるため」(東京都/20代/女性)、「住宅エコポイント、売電額、フラットの金利優遇などから今だと思った」(大阪府/20代/男性)と、今が買い時という判断が多数。30代以降は“結婚”、“家族が増える”など、自身の環境の変化を挙げる傾向にあった。

【調査概要】
調査期間:2012年2月1日(金)〜2月7日(木)
調査対象:計800人(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の有職者20代、30代、40代の男女)
調査方法:オンライン調査
調査地域:全国
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について