サラリーマン川柳、傑作100句発表

恒例『第25回 サラリーマン川柳』100選が発表に、哀愁漂う一句など今年も秀作が並んでいる [拡大する]

恒例『第25回 サラリーマン川柳』100選が発表に、哀愁漂う一句など今年も秀作が並んでいる

■『第25回サラリーマン川柳』100選一部抜粋はこちら!

 第一生命保険は16日、今回で25回目を迎えた『サラリーマン川柳コンクール』の傑作100句を発表した。2万7184句の中から選ばれた100句は、昨年ブームを巻き起こした“マルモリ”やアイドルグループ・AKB48のほか、東日本大震災を機に見直された“絆”や“節電”にちなんだものも多く入った。なお、ベスト10は今回選出された100句の中から一般投票により決定する。

 サラリーマンの何気ない日常や夫婦生活の悲哀を、トレンドを織り交ぜながらユーモアたっぷりに詠んだ句が揃うことで毎年注目を集める同コンテスト。今回は昨年話題になったドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)、『家政婦のミタ』(日本テレビ系)をモチーフとした【オレ子守り 子供マルモリ 妻大盛り】(菜野人)、【妻が言う「承知しました」聞いてみたい】(大魔神)のほか、【『総選挙』もちろん行ったよ! 武道館】(サラリーマンONE)、【AKBに 負けるなパパも 48】(蚊注射)など、AKB48関連の言葉も多数そろった。

 毎年多くの共感を呼んでいる上司と部下、夫と妻のやりとりを題材にした作品は、【「内定です」返った言葉が「マジッスカ!」】(絵文字)、【叱らずに 育てた部下に 怒鳴られる】(やなぎびと)、【妻がした 計画停電 オレの部屋】(絶望的)、【スマートフォン 妻と同じで 操れず】(妻―とフォン)など、世相を織り交ぜながら悲哀を表現した計22句も注目だ。

 また、ユーモラスな作品が多く集まる同コンテストだが、今回は【何気ない 暮らしが何より 宝物】(考えボーイ)、【震災に 使命と絆 奮い立ち】(天童ラ・フランス)、【復興を 祈る気持ちで 電気消す】(ハナちゃん)など、東日本大震災を受けた“復興への願い”や改めて見直された“当たり前の日常”にスポットを当てた作品も多く寄せられている。

 今回選出された100選から「ベスト10」を選ぶ一般投票は、本日より3月15日まで同社のWEBサイトで実施。「ベスト10」は4月下旬に発表される。

全100選を掲載! 「第一生命保険」公式サイト



■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について