「ウイルスバスター」CMのあのコ! 仲間リサがタレント活動本格化

タレント活動を開始する仲間リサ  [拡大する]

タレント活動を開始する仲間リサ 

■その他の写真ニュースはこちら

 『ウイルスバスター2010』のCM出演で注目された沖縄出身のモデル・仲間リサ(27)が、このほど芸能事務所大手のワタナベエンターテインメントに移籍したことがわかった。「今まではモデル活動が中心だったので誌面で姿を見ていただくことが多かったのですが、これからはテレビのトーク番組など、新しいメディアに挑戦していきたいです!」とタレント活動を本格化させる。

 日米ハーフで身長166cm、B82、W60、H86というスレンダー美人。2005年に『プリンセスPINKYオーディション・』でグランプリをはじめ『with』『PINKY』『Lei wedding』『gainer』『PREPPY』『Wedding Book』などでモデルとして活躍し、東京・新宿サブナードのイメージモデルも務める。テレビ番組では現在、メ〜テレ『キングコングのあるコトないコト』(月曜深夜24:20〜)にウラドルガール2号としてレギュラー出演中だ。

 4月26日には初写真集『HUG ME!』も刊行。今月19日(水)には、新事務所の先輩芸人・ビビる大木がMCを務める日本テレビ系『PON!』のトークコーナーにゲスト出演する。仲間は「ウイルスバスターのCMが『インパクトがあって面白いね』と言っていただけることが多いので、みなさんの印象に残るようなお仕事をしていきたいです」と意気込んでおり、大木とどう絡むかが見どころだ。



CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について