予約ミス、上司の高級車でリバース…あなたは大丈夫?忘年会の失敗談

ついつい飲み過ぎて翌日記憶がない…なんてことがないように! [拡大する]

ついつい飲み過ぎて翌日記憶がない…なんてことがないように!

 早いもので今年も忘年会シーズンが到来。年忘れというだけあって、いつもの飲み会よりもなぜか気分が高まり、失敗の数も少なくないはず。ORICONキャリアが「職場の忘年会で失敗した経験ある?」をテーマに、働いている1200名を対象に実施したアンケート調査でも1割以上の人(12.6%)が忘年会で何かしらの失敗を犯しているという結果に。今回はクスリと笑えるものからお顔真っ青なものまで、さまざまな失敗エピソードを抜粋してご紹介!

 最も多かった失敗談は、期待通り“お酒の飲み過ぎ”によるエピソード。なかには「取引先の部長の頭を叩いていたらしい」(愛知県/50代・女性)、「悪酔いしてしまって上司に送ってもらった車の中で吐いてしまった。おまけに車はベンツ…」(広島県/60代・女性)など、挽回するのが難しい状況に陥ってしまった人も。

 また、今夜は無礼講という言葉の誘惑についリラックスしすぎて、「異性の上司に抱きついていた」(愛媛県/40代・男性)、「下ネタを連発して場が静まり返ってしまった」(新潟県/30代・女性)というセクハラまがいの報告もチラホラ。お酒が入った勢いで気が大きくなってしまい、「キャバクラをハシゴして数十万円を一夜で使ってしまった」(千葉県/20代・男性)、「調子に乗って上司と腕を組んで歩いてしまった」(兵庫県/40代・女性)など、ハメをはずしすぎて翌日後悔しそうなエピソードが多数寄せられた。

 そして、忘年会につきもののあいさつや余興といった場面でも、予期せぬ失敗が待ち構えている。「ひとりひと言の内容を考えて行かなかったためグダグダになった」(北海道/40代・女性)、「(カラオケで)ちゃんと歌える今時の曲がなかった」(東京都/50代・女性)など、準備不足で恥ずかしい思いをしたという声が散見される。

 ただ、参加する側は多少の失敗も自己責任で許されるが、幹事ともなればそうも言ってもいられない。「乾杯の音頭でミスって乾杯にならなかった」(神奈川県/50代・男性)、「ハウステンボスでの忘年会を企画したものの、男だけの職場だったから周りがカップルだらけで浮いてしまった」(福岡県/40代・男性)などの声や、「予約が入ってなかった! 幹事なのに…」(東京都/40代・男性)という恐怖体験をした人も。

 思わず笑ってしまうエピソードが多く集まった今回の調査結果。しかし、どれも人ごととは思えないものばかり。1年の労をねぎらうべく行われる忘年会。事前準備はぬかりなく、そして酒には飲まれないように、楽しく盛り上げて気持ちよく2015年を締めくくりたい。

【調査概要】
期間:2015年11月9日(月)〜 11月16日(月)
対象:有職者1200名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の20代、30代、40代の男女)
方法:インターネット調査

オリコンランキングにあなたの意見も!アンケートモニター募集中

アンケートモニター募集中


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について