職場のお歳暮に変化? 働く女性がもらって嬉しい商品1位『お菓子』、『ビール』4位に

 オフィス用品の通販を展開するカウネットが有職女性を対象に「年末年始の職場でのコミュニケーション」に関する調査結果を4日発表した。会社(職場)で「お歳暮をもらうことがあるか」という設問では約7割が【ある】と回答。実際にもらって嬉しいお歳暮には【お菓子・デザート】が75.7%で1位。定番の【ビール】は4位(21.2%)、【ハム・ソーセージ】は9.9%と一桁で6位となった。

 お歳暮は職場で分配されることが多いためか、個包装のお菓子、紙パックや缶入り飲料などが支持を集める傾向にあり、2位には【コーヒー・紅茶・お茶】(49.3%)、【100%果汁などのジュース飲料】(37.3%)が3位に続いた。

 このほか、社内で行われる年末年始の恒例行事や、同僚・上司や部下との年賀状事情についてもアンケートを実施。行事については【忘年会】が56.3%で最多、2位に【新年会】が25.4%でランクインし、【年頭の訓辞】や【初詣】はともに1割前後となった。同社は「儀礼廃止の風潮が強く、なくなる方向にある」という回答もあるなど、様々なビジネス環境の変化に応じて、恒例行事は減少傾向にあると分析している。

≪調査概要≫
調査方法: インターネット調査
調査対象:有職女性 (『わたしみがき』会員および『カウネットモニカ』会員)
有効回答数:284名
調査時期: 2012年10月29日〜2012年11月1日
調査実施: 株式会社カウネット わたしみがき編集部

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について