剛力彩芽、夢は「宇宙人になりたい」

「宇宙人になりたい」と笑顔を見せる剛力彩芽 (C)ORICON DD inc  [拡大する]

「宇宙人になりたい」と笑顔を見せる剛力彩芽 (C)ORICON DD inc 

 女優の剛力彩芽(19)が16日、都内スタジオで映画『プロメテウス』(8月24日全国公開)で自身初の実写吹き替えアフレコを行った。ハリウッド映画のヒロイン役の声を演じた剛力は「いつかはハリウッドに行けたらって夢はあります。まずは英語を覚えたい」と意欲。さらなる夢として「宇宙人になりたい。存在するかもわからないのに研究家がいて、ちょっとした話題でもニュースになって。私も“この人はなんでこんなに魅力があるんだろう”って思われる人になりたい」と目を輝かせた。

 同作は、地球から遠く離れた惑星を訪問した宇宙船プロメテウス号の科学探査チームが、“人類の起源”に迫る衝撃の真実にたどり着くミステリー作品。実写吹き替え初挑戦の剛力は「セリフを読み始める秒数を覚えたり、役柄の気持ちを知らなきゃいけなかったり、お芝居をゼロから始めるようでした」と苦戦したことを明かしながらも「すごく吸収できた」と新境地に自信をのぞかせた。

 剛力彩芽の“起源”として、珍しい名字の由来を問われると「ネットで調べたんですけど、出てこないので謎のまま」と苦笑。「父親が静岡の人で、漢字は違うけど富士山の登山の案内をする人が強力(ごうりき)っていうみたいで、それも一つなのかな。起源を知りたい」と自身も興味津々だった。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について