【2019年】おすすめの看護師転職ランキング・比較

紹介案件 満足度ランキング

1位

ナースパワー

63.96

地域が違っても一緒に職場を探してくれ、私の希望にできるだけ沿うものを提案してくれた。また、就業後も状況を確認してくれる連絡をくれて嬉しかった。(30代/女性)

2位

マイナビ看護師

62.65

職場先の雰囲気や環境を具体的に説明してくれた。入ったらなかなか辞めないので人間関係も悪くないと言われて、決め手になった。(30代/女性)

3位

ナースではたらこ

62.47

一度は断られたところを説得してくれて面接にこぎ着けてくれた。(30代/女性)

4位

医療WORKER

62.04

履歴書を書く際に、不明な点など詳しく教えてもらえた。また、転職が決まった際も給与面などが書かれたものに手紙が添えられてあり、親切さを感じた。(30代/女性)

5位

ナース人材バンク

61.56

丁寧にヒアリングしてくれ、電話する前にメールで今電話していいか確認してくれた。夜勤などの不規則な勤務のため嬉しかった。仕事をはじめてからも働きやすさなどを聞いてくれた担当者が良かった。(30代/女性)

6位

看護のお仕事

60.19

自分で給料交渉をする必要がなく、かつ思っていた以上の金額を提示してもらえた。全ての質問に対する返答や、疑問に対しての解決や提案が速い。(30代/女性)

7位

看護roo!

59.97

担当者の方の対応がかなり親切であったこと。紹介された案件をお断りしても、嫌な対応をされなかったこと。(30代/女性)

オリコン顧客満足度調査では、実際にサービスを利用した520人にアンケート調査を実施。
満足度に関する回答を基に、調査企業20社を対象にした「看護師転職」ランキングを発表しています。

総合満足度だけでなく、様々な切り口から「看護師転職」を評価。さらに回答者の口コミや評判といった、実際のユーザーの声も掲載しています。

サービス検討の際、“ユーザー満足度”からも比較することで「看護師転職」選びにお役立てください。

看護師転職の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP総合ランキング
評価項目別
ランキング
利用のしやすさ担当者の対応紹介案件紹介案件の質交渉力
法人のお客様へ 調査データのご提供|オリコン顧客満足度

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

オリコン顧客満足度ロゴ
モニター会員登録の案内|オリコン顧客満足度
オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
520

この看護師転職ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

調査概要

事前調査
2018/07/03〜2018/09/18
更新日
2019/01/04
サンプル数
520人(転職エージェント/ハイクラス・ミドルクラス転職/看護師転職調査を含む総サンプル数6,804人)
規定人数
40人以上
調査企業数
20社
定義
看護師採用を考えている顧客企業と転職希望の看護師双方に対して、それぞれの条件に沿った就業先または人材を紹介するサービスのうち、医療系を専門的に扱っているサービス。
以下は対象外とする。
・人材事業における人材紹介の割合が著しく低い会社/事業
・サーチ型ヘッドハンティング会社
・特定地域のみの求人を扱っている企業
調査期間
2018/09/19〜2018/10/01
2017/09/05〜2017/09/26
2016/10/03〜2016/10/24
調査対象者
性別:指定なし 年齢:20歳以上 地域:全国 条件:過去7年以内に人材紹介会社を利用して転職したことがある看護師

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れた回答を除外した上で作成しています。
※「総合ランキング」、「評価項目別」、部門の「業態別」においては有効回答者数が規定人数を満たした企業のみランクイン対象となります。その他の部門においては有効回答者数が規定人数の半数以上の企業がランクイン対象となります。
※総合得点が60.00点以上で、他人に薦めたくないと回答した人の割合が基準値以下の企業がランクイン対象となります。
≫ 詳細はこちら

過去ランキング

推奨意向

再利用意向

ランキング監修

ランキング監修 慶應義塾大学理工学部教授 鈴木秀男|オリコン顧客満足度

慶應義塾大学理工学部教授/内閣府 上席科学技術政策フェロー(非常勤)鈴木秀男

【経歴】
1989年慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業。
1992年ロチェスター大学経営大学院修士課程修了。
1996年東京工業大学大学院理工学研究科博士課程経営工学専攻修了。博士(工学)取得。
1996年筑波大学社会工学系・講師。2002年6月同助教授。
2008年4月慶應義塾大学理工学部管理工学科・准教授。2011年4月同教授、現在に至る。
2023年4月内閣府 科学技術・イノベーション推進事務局参事官(インフラ・防災担当)付上席科学技術政策フェロー(非常勤)
研究分野は応用統計解析、品質管理、マーケティング。
≫ 鈴木研究室についての詳細はこちら