バナナマン設楽、『龍馬伝』の子役・濱田龍臣は「天才です」

3Dアトラクションムービー『少年マイロの火星冒険記 3D』のアフレコ収録会見を行った濱田龍臣(右)とバナナマン・設楽統  [拡大する]

3Dアトラクションムービー『少年マイロの火星冒険記 3D』のアフレコ収録会見を行った濱田龍臣(右)とバナナマン・設楽統 

 子役の濱田龍臣(10)とお笑いコンビ・バナナマン設楽統(37)が3日、都内のスタジオでディズニーの新作3Dアニメーション映画『少年マイロの火星冒険記 3D』(4月23日公開)のアフレコ収録会見を行った。

 同作は、これまでの“火星”のイメージとはまったく異なる、美しい色彩にあふれた、不思議がいっぱいのワンダーランドを舞台に、母をさらわれた少年マイロが大冒険を繰り広げる物語。

 マイロの声優に抜擢された濱田はこの日、火星にさらわれそうになったママを助けようとするシーンや、“マイロのパパ役”の設楽と電話越しに会話するシーンで声をあてる姿を披露した。実際のアフレコでは別々に収録をしたため、濱田と設楽はこの時が初共演。濱田の堂々とした声の芝居に、設楽は「天才ですよ。本当に大人みたいですよね」とべた褒めだった。

【動画】映画『少年マイロの火星冒険記 3D』予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について