金八を定年退職…武田鉄矢、“先生役”イメージに「感謝」

32年に渡り放送された『3年B組金八先生』への熱い思いを語り、涙を浮かべた武田鉄矢 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

32年に渡り放送された『3年B組金八先生』への熱い思いを語り、涙を浮かべた武田鉄矢 (C)ORICON DD inc. 

 今年3月の特番をもって32年の歴史に幕を下ろすドラマ『3年B組金八先生・ファイナル〜「最後の送る言葉」4時間SP』(TBS系 3月末放送)の主人公・坂本金八を演じる俳優・武田鉄矢(61)が17日、東京・赤坂の同局で会見を行った。今回、定年退職という形で同番組と共に卒業する武田は「あっという間の気もしますが、我ながらよくやったのではと思う。貫いた歳月の重みを感じるし、納得のあるところで彼(金八)とお別れしたい」と感慨深げ。今までの生徒役たちには「最高の共演者。さよならの後にありがとうと言いたい」と感謝の思いが溢れた。

 1979年10月に第1シリーズがスタートし、中学3年生という多感な時期を通してさまざまな社会問題を取り上げてきた同作。全8シリーズを足掛け32年かけて放送し、「15歳の母」「腐ったミカン」「いじめ」「学級崩壊」「覚せい剤」「性同一性障害」などのテーマと向き合ってきた。

 武田は「61歳の自分の顔、形を作ってくれた番組。深い悲しみはないです。目指したところにきたという想いが先行している」と晴れやかな笑み。番組スタート当初は「『熱中時代』のモノマネとか、スポーツ紙で踊っていたのを思い出す」と風当たりがよくなかった事を笑い飛ばしながら「断固たる想いで、人の通ったところを歩くもんかっていうのもありましたね」と当時の心境を吐露した。

 そんな想いが国民的な先生役として定着し、そのイメージは武田にも浸透していた。「自分としてはつくづく、金八にもらったイメージですが、感謝してる。江戸時代にタイムスリップしてきた医者からは(緒方)洪庵先生と呼ばれ、坂本龍馬からは(勝)海舟先生と呼ばれ、生徒からは金八先生と呼ばれる。日本3大先生をやったよう。なにより、金八先生は、母がもっとも喜んでくれた役でした」と感無量な様子で振り返る。

 シリーズ終盤には、卒業していく教え子たち一人ひとりに「贈る言葉」をかけるのも見どころとなった。「ドキュメンタリー要素が増えてきた」番組だったといい、珍妙なハプニングも尽きなかったという。なかでも「芝居できない子が、ラストで他の事務所のエース級を圧倒する瞬間があるんです。それを見ると、見送れたなって思うんです」など、時折目に涙を浮かべながら教師役冥利に付くエピソードを熱弁した。

 最終回では、1985年12月27日放送の特番に出演した岡本健一の息子で、人気グループ・Hey!Say!JUMPの岡本圭人が、物語の中心人物・景浦裕也役でドラマ初出演。同シリーズ親子2代での出演となる。また、水谷豊と伊藤蘭の娘・趣里(しゅり)が今作でドラマデビューも果たすなど新たな話題も盛り込んだ。

 これをもって、シリーズ最終回となるが、柳井満プロデューサーは「アゲインがあるかもしれない。僕の中では死ぬまで、金八先生だと思ってる。まだまだ隙あれば、金八先生という漢字が入ったものをやれれば、できるのではと思ってます」と完全終了との明言は避けた。武田も「今後、彼(金八)はどこへいきましょうね。風任せでいくと思う。今は今回のを仕上げることで頭一杯で、あとのことは想像が付かないけど、頂いたキャラクターの賞味期限は、てめぇで決めることではないと思ってますよ」と期待をもたせていた。

 これまで約240人の卒業生を輩出し、今回の最終回にも多くの卒業生が出演する予定となっている。武田は「自己満足もあるかもですが、凄まじいものになってますよ」とアピールしていた。

◆関連ニュース ドラマTBS

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について