木村佳乃、助演女優賞受賞に感涙〜第53回ブルーリボン賞授賞式

涙ぐみながら受賞の喜びを語った木村佳乃 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

涙ぐみながら受賞の喜びを語った木村佳乃 (C)ORICON DD inc. 

 東京映画記者会(在京スポーツ7紙で構成)主催の映画賞『第53回ブルーリボン賞』の授賞式が15日、都内で行われた。『告白』で助演女優賞を受賞した木村佳乃は、表彰の舞台に上がるなり感極まって涙ぐみ、「映画に出たくて、この世界に入り、今日ほど嬉しい日はありません」と喜んだ。同作は作品賞も受賞しており、ともに授賞式に出席した中島哲也監督からは「結婚おめでとう。言いそびれていました」と祝福を受けていた。

 同映画賞は1950年に創設され、青空のもとで取材活動する記者を象徴し、受賞者に青いリボンを結んだ賞状を贈ったことから『ブルーリボン賞』の名称がついた。授賞式の司会を前回の主演男優賞・主演女優賞の受賞者が務めることも慣例となっており、今年は笑福亭鶴瓶綾瀬はるかが務めた。

 作品賞『告白』の中島監督は、撮影現場でインフルエンザが流行したため、生徒役の出演者が「最初と最後で入れ替わっている」と衝撃の“告白”。木村も「インフルエンザにかかり、高熱をだしながらも頑張った甲斐がありました」と撮影時を懐かしんだ。

 主演男優賞は『悪人』の妻夫木聡が受賞。東京・池袋の東京芸術劇場で上演中の舞台『南へ』の開演前に授賞式に駆けつけ、「この作品は特に印象深い作品で、いままでにない自分を出したいと思っていたし、観客には人間ってなんなのか、生きるってなんなのか、心で触れてもらえたらいいと思っていました。李相日監督をはじめスタッフ、キャストのおかげだと思っています。今日はありがとうございます」と頭を下げた。

 主演女優賞を受賞したのは『キャタピラー』の寺島しのぶ。インディペンデントで同作を制作した若松孝二監督から「宣伝費をかけられないから、寺島さんが世界の映画祭で賞をとって宣伝してくれと頼まれていた」と明かし、体調を崩すほどプレッシャーにもなっていたという。現に昨年2月のドイツ・ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した寺島は「思いがけない奇跡が起こった」と振り返りながら、「寺島しのぶはインディペンデント映画にしか出ないと思われたら困る。私も『告白』とか『悪人』とか、お金がいっぱいある映画に出てみたい」と冗談半分、本気半分のコメントで会場を笑わせた。

 助演男優賞は、『今度は愛妻家』ではオカマ役、『アウトレイジ』ではヤクザ役を演じた石橋蓮司が初受賞。新人賞は『人間失格』で映画初出演&初主演し、続けて『ハナミズキ』に出演した生田斗真がジャニーズ所属タレントで初の受賞。女性の新人賞は『最後の忠臣蔵』『書道ガールズ!!』の桜庭ななみが受賞した。外国作品賞には『第9地区』が選ばれた。

◆映画ニュース 最新情報インタビュー

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について