サッカー日本代表のなかでMVPを贈りたい人、1位本田圭佑選手、3位に岡田監督も浮上

■MVPを贈りたい選手TOP10

 昨日帰国した、サッカーW杯南アフリカ大会でベスト16入りを果たした日本代表チーム。先月14日のカメルーン戦で初勝利を挙げてから、29日のパラグアイ戦で惜しくもPK合戦での敗戦の瞬間まで、連日に渡り日本国民を熱くさせた。そこでORICON STYLEでは「サッカーW杯に関する意識調査」を実施。『日本代表選手・監督のなかでMVPを贈りたい人は?』という設問では、今大会で2得点を奪取した【本田圭佑】選手が堂々の1位に。そして2位に守護神であるGK【川島永嗣】選手、3位にはチームの指揮官【岡田武史】監督がランクインした。

 今大会では、MFでありながら1トップでの起用となった本田選手。「ゴール、アシスト…様々な面において、今大会の日本の顔だった」(福岡県/10代/女性)との意見が多く、カメルーン戦でゴールネットを揺らし、自国開催以外では1勝も挙げていなかった日本を初勝利、さらには決勝トーナメントまで導いたその勝負強さに高い支持が集まった。また“悪魔の左足”との異名を持つ無回転フリーキックにも「フリーキックは圧巻」(大阪府/40代/男性)と大絶賛。同調査における『最も感動したシーンは?』という設問でも2位に【デンマーク戦での本田選手のフリーキック】、3位に【カメルーン戦の本田選手のゴール】が挙がるなど、“新たなエース”の誕生を決定付ける活躍をみせた。

 2位に挙がったのが27歳にして初のW杯、かつ、4試合すべてにレギュラー出場したキーパー・川島選手。「パラグアイ戦で0点を死守した姿はMVP」(神奈川県/30代/女性)、「彼のファインセーブがあればこその予選通過だと思う」(東京都/50代/男性)との声が挙がり、今回はベンチに留まった【川口能活】、【楢崎正剛】の両選手の後を引き継ぐ、次世代の正ゴールキーパーとしての地位を確立したといえる。

 そして3位には1998年以来、2度目の“岡田ジャパン”を作り上げた名監督【岡田武史】が登場。大会スタート前の目標「ベスト4進出」発言は、その高すぎるハードルが波紋を呼び、“ドン・キホーテ”と揶揄され、さらに直前の強化試合全敗など、一時は“更迭”の噂も囁かれたほど。だが、大会を終えた今「悪評にも耐え、すばらしい采配をしてくれた」(岐阜県/20代/女性)や、「思い切った選手配置、そして起用法、戦術変更により結果を出した」(東京都/20代/男性)と大絶賛。見事ベスト16までチームを導いた統率力に、脱帽といったところか。

 また4位にはサイドバックとして、各国のエースの動きを見事抑え込んだ【長友佑都】選手、そして5位にはカメルーン戦で本田選手の初ゴールをアシストした【松井大輔】選手がTOP5にランクインしている。このほか、守りの要である【田中マルクス闘莉王】選手は7位、そして闘莉王選手との“鉄壁のCB”コンビとして自国ゴールを死守した【中澤佑二】選手も続く8位に登場した。

 今回のアンケートには【わからない】と答えた人も少数存在。「チーム一丸となって闘っていた」(奈良県/50代/女性)、「監督含め選手全員だと思う」(大阪府/50代/男性)が挙がり“選手全員にMVP”をという気持ちが現れた結果だとも言える。

 29日のパラグアイ戦では深夜帯にも関わらず平均視聴率57.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)をたたき出した今大会。国民の胸を熱くさせた“サムライブルー”の活躍は、間違いなく日本サッカー史の1ページに、深く刻まれたことは間違いない。

【調査概要】
調査時期:2010年6月30日(水)〜7月1日(木)
調査対象:合計700名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代〜50代の男女各70名)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査テーマ:「サッカーW杯に関する意識調査」





■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について